映画『二ノ国』山﨑賢人&新田真剣佑のスペシャルインタビューが『VOCE』で掲載

映画『二ノ国』山﨑賢人&新田真剣佑のスペシャルインタビューが『VOCE』で掲載

8月22日(木)に発売される、雑誌『VOCE』2019年10月号に、アニメーション映画『二ノ国』(8月23日(金)公開)で声優を務めた山﨑賢人と新田真剣佑のスペシャルインタビューが掲載される。

大ヒット映画『キングダム』では原作ファンをも魅了し、今や日本のみならずアジアが注目する俳優・山﨑賢人。声優初挑戦の映画『ニノ国』は、現実と隣り合わせにある不思議な世界で大切な人を守るために二人の高校生が立ち上がるという物語。声優初挑戦作品が壮大なファンタジーワールドということに対して「僕、パラレルワールドみたいな別世界はあると信じているので、ファンタジー作品が大好きなんです」と語る。作品になぞらえて“親友と愛する人、どちらかの命を選ばなければならないとしたらどうする?”との問いには「すごく難しいけれど、みんなが生きられる道を探します」と情熱とその人となりを感じる回答。声優に初挑戦するのにあたってアフレコ現場での工夫ポイントや、今回一緒に仕事をするのは3度目という親友のハル役の声を演じた新田との共通点など明かしている。

一方、2017年「第40回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞し、オンリーワンな存在感で魅了する新田真剣佑。来年は映画『カイジ ファイナルゲーム』の公開が控えているなか、アニメの声優初挑戦となった映画『二ノ国』。最近無我夢中になったことは?と聞いてみると、「芝居」と迷いのない言葉が。命が繋がった”もう一人の自分”がいる世界「二ノ国」が実際にあるとしたら、「たぶん、今と同じ仕事をしているかな」と回答。初めてのアニメ映画への声優での出演について「声しか使えないって本当に難しくて、声優さんのすごさを改めて実感」と挑戦への手応えを感じられたという。さらに、共演の山﨑や永野芽郁とのアフレコ現場の様子や、「真剣佑さん自身と似ているな、と思う人は?」との問いへの意外な(?)回答とその理由まで、新田の素顔に迫っている。

書籍情報

『VOCE』2019年10月号
通常版 700円(税込)

増刊 530円(税込)※9月30日まで


発売日:8月22日(木)※首都圏基準
発行元:講談社

作品情報

『二ノ国』
8月23日(金)全国ロードショー

キャスト:山﨑賢人 新田真剣佑 永野芽郁 宮野真守 坂本真綾 梶 裕貴 津田健次郎 山寺宏一/伊武雅刀 ムロツヨシ
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石 譲
主題歌:須田景凪 「MOIL」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
原作:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会 配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019 映画「二ノ国」製作委員会

【STORY】
冷静沈着で車椅子のユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命が繋がった“もうひとりの自分”がいる世界。次第にユウは、コトナにそっくりなアーシャ姫に惹かれていく。しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった――。コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。 “大切な人の命”をかけた究極の選択が迫るとき、ユウとハルが下した決断とは!?

映画『二ノ国』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/