朝ドラ『なつぞら』クランクアップ!広瀬すずのコメント到着

朝ドラ『なつぞら』クランクアップ!広瀬すずのコメント到着

現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』が昨日、8月20日にクランクアップを迎えた。

本作は、北海道・十勝に住む酪農一家・柴田家に引き取られた戦災孤児のヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)が、十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、アニメーターを目指す物語。

昨年6月から撮影に入り、およそ1年3ヶ月に渡ってヒロイン・なつを演じきった広瀬と、制作統括を務める磯 智明からコメントが届いた。

広瀬すずコメント
撮影中は、常に楽しいが勝ちすぎて、体調を崩すこともなく、だんだん「大丈夫?」とも聞かれなくなり(笑)、本当に大丈夫でした!大変だな、と思うことも、安藤サクラさんがおっしゃっていた「ヒロインにしか分からない気持ちがある」というのを痛感した瞬間もありましたが、そんな「朝ドラ」の、しかも100作目という節目の作品にヒロインとして出演させていただいて、その全部には応えられていなかったな、というのがものすごい悔しいんですけど、奥原なつという素敵な人物を演じることができて、心から幸せに思います。たくさんの幸せをもらうばかりで、何も恩返しできなかったかもしれませんが、この作品に出会えて心から幸せに、うれしく、そして誇りに思います。スタッフのみなさんの方が休めていないと思うので、とりあえずぐっすり寝て下さい!みなさんが毎日現場にいてくださる姿が、私の一番の心の支えだったので。心から感謝します。お疲れ様でした!
制作統括・磯 智明コメント
15か月間に及ぶ長期撮影、大変お疲れ様でした。19歳、20歳、21歳という大切な時間を『なつぞら』に預けてくれて、本当にありがとうございます。超ハードスケジュールにも関わらず、セリフと芝居を完璧に頭に入れ、いつも前向きに現場に臨んでくれました。広瀬さんがセンターに立ち続けたからこそ、出演者もスタッフもみんな、ドラマ作りに一生懸命に取り組むことができました。オンエアは残り1か月あまりですが、ここからの広瀬さんが凄い。母として、アニメーターとして、様々なドラマが降りかかる中で、さらにパワーアップした芝居を見せてくれます。最後までぜひ、お楽しみ下さい。

なお、クランクアップの模様を収めた動画がNHK_PRサイトにて公開されている。

なつの物語はまだまだ続く。9月28日(土)放送の最終回まで目が離せない。

クランクアップ動画はこちら

NHK_PRサイト
https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=19945

2019年度前期
連続テレビ小説『なつぞら』

連続テレビ小説『なつぞら』

放送(全156回):
【総合】[月~土]午前8時~8時15分/午後0時45分~1時(再)
【BSプレミアム】
[月~土]午前7時30分~7時45分/午後11時30分~11時45分(再)
[土]午前9時30分~11時(1週間分)
【ダイジェスト放送】
「なつぞら一週間」(20分) 【総合】[日]午前11時~11時20分
「5分で『なつぞら』」 【総合】[日]午前5時45分~5時50分/午後5時55分~6時

作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也、田中健二ほか

オフィシャルサイト
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/
Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK