「俺たちずっと友達だったじゃないか」。山﨑賢人と新田真剣佑の愛を巡る切ないバトル! 映画『二ノ国』長尺本編シーン解禁

「俺たちずっと友達だったじゃないか」。山﨑賢人と新田真剣佑の愛を巡る切ないバトル! 映画『二ノ国』長尺本編シーン解禁

8月23日(金)に公開される、アニメーション映画『二ノ国』の長尺本編映像が公開された。

本作は、レベルファイブが制作する大ヒットRPG「二ノ国」シリーズの劇場アニメ作品。「妖怪ウォッチ」「レイトン」シリーズなどで知られる日野晃博が製作総指揮、原案、脚本を務め、監督は百瀬義行(『おもひでぽろぽろ』原画ほか)、音楽は久石 譲(『千と千尋の神隠し』ほか)が担当する。

高校ではトップクラスの秀才で、車イスで生活している主人公・ユウの声を演じるのは山﨑賢人。そして、ユウの親友の高校生・ハル役に新田真剣佑、2人の幼なじみでハルの彼女・コトナと「二ノ国」のエスタバニア王国の姫君・アーシャ姫の2役を永野芽郁が演じるほか、宮野真守、津田健次郎、坂本真綾、梶 裕貴、山寺宏一といった声優ドリームチーム、さらにはムロツヨシ、伊武雅刀ら実力派俳優が脇を固め、この夏一番の話題作として今、最高潮に期待が高まっている。

この度解禁されたのは、本編のハイライトシーンの1つでもある、“二ノ国”へ迷い込んでしまったユウとハルが、お互いが愛するアーシャ姫とコトナの命を巡り、切っ先を交えるバトルシーン。「俺はコトナの命を取り戻しに来た!」とユウに剣を向けるハル。対するユウも「お前がコトナを守りたいように、俺にだって守りたいものができたんだ!」と対決姿勢を露わにする。あわや相打ちかというその瞬間、「俺たちずっと友達だったじゃないか。これかもずっと友達だと思ってた。なんで殺し合いなんか…」というユウの心の叫びがこだまする。

今回、山﨑と新田が演じたユウとハルは幼馴染で親友同士。現実世界“一ノ国”と、命の繋がりをもつ“二ノ国”をまたにかけて展開する2人のドラマは本作の軸となる。山﨑と新田の共演は、これまで映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17)、ドラマ『トドメの接吻』(18)以来の3度目。お互い初めてのアニメーションの吹替えとなった本作に関して、2人は「ハル役が真剣佑だったから、ユウとハルの関係にすんなり入れたんだと思います」(山﨑)、「初対面だったらなかなか難しいし、恥ずかしいかもしれませんが、賢人になら全部さらけ出すことができます。それがすごく良かったと思います」(新田)と語り、本当の親友のように共演を喜び合った。

2人の起用は制作陣の狙いでもあったようで、「二ノ国」の生みの親である日野は「今回ユウとハルは親友という設定なのですが、山﨑さんと新田さんは本当に日常でも仲の良い親友のようで、演じられている時も“親友感”のようなものが出ていました。2人とも本当に良かったです!」と語り、2人の演技に太鼓判を押している。

【STORY】
冷静沈着で車椅子のユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命がつながった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりなアーシャ姫に惹かれていく。しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった――。コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。 “大切な人の命”をかけた究極の選択が迫る時、ユウとハルが下した決断とは――?

作品情報

映画『二ノ国』
8月23日(金)全国ロードショー

キャスト:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、坂本真綾、梶 裕貴、津田健次郎、山寺宏一/伊武雅刀、ムロツヨシ
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石 譲

原案:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会 
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「二ノ国」製作委員会 

映画『二ノ国』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/