レオ様&ブラピからコメント到着!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本編映像も解禁

レオ様&ブラピからコメント到着!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』本編映像も解禁

8月30日(金)より全国公開される、クエンティン・タランティーノの9作目の長編監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の本編映像とレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットがお互いについて語った貴重なコメントが解禁された。

本作の舞台は1969年のロサンゼルス。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノ製作・脚本・監督で描き、タランティーノが実際に自分が育った当時のハリウッド、そしていまや失われてしまったハリウッドへ郷愁とリスペクトを込め、製作脚本に5年の歳月を費やした、友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫った話題作だ。

長年ハリウッドのトップスターとして君臨し続けるディカプリオとピット。2人はブレイクの時期がほぼ同じで、互いに切磋琢磨してきて本作が満を持しての初共演となる。共演はとても楽しかったようで、ピットは「ものすごく楽に演じられたし、本当によく笑ったよ! 2人とも同じような時期にこの世界に入ったし、共通の知人も大勢いるんだ」と初共演についてコメント。またディカプリオは、2人が演じたリックとクリフの関係性について、「僕らは業界で生きているアウトサイダーで、なんとか成功しようと日々努力しているんだ。この街で年を重ねてきた自分に関連する役柄だったし、ブラッドと共演できたこともあって、彼らがどんな男たちかということや、業界内で泳ぎ、生き抜くために暗黙のうちに互いを頼りにしていることを、初日からすんなり理解できたんだ。」と、自身とピットの関係性と映画の役柄を重ね合わせ、名バディぶりをアピールした。

ディカプリオ演じるリックとピット演じるクリフの関係性が最も伝わるのが、リックが俳優としてのキャリアに苦悩し、クリフの胸で涙するシーン。アル・パチーノ演じるシュワーズに言われた言葉に傷つき、駐車場で泣き出してしまう情緒不安定なリックをクリフが優しくなだめ支えるシーンは、ふたりが親友であると同時に、実際のディカプリオとピット同様に、お互いを信頼しきっていることがわかる一幕となっている。実際には世界中から注目され続けるトップスターであるレオ様が「落ちぶれた現実にブチ当たった」と泣き出し、ブラピを困らせるというとてもユーモラスなシーンでもある。

【STORY】
リック・ダルトン(ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ピット)はスタントマンかつ親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣にロマン・ポランスキー監督と女優シャロン・テート夫妻が越してくる―。そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

作品情報

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
8月30日(金)全国ロードショー

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、アル・パチーノ、バート・レイノルズ、マーゴット・ロビー、ダコタ・ファニング、ジェームズ・マースデン、ルーク・ペリー、ティム・ロス、マイケル・マドセン、カート・ラッセル、エミール・ハーシュ、ティモシー・オリファント、ダミアン・ルイス
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャルサイト
http://www.onceinhollywood.jp/