FBI、麻薬組織、NY市警、刑務所の看守……すべてが敵! 映画『THE INFORMER/三秒間の死角』11月29日に公開決定

FBI、麻薬組織、NY市警、刑務所の看守……すべてが敵! 映画『THE INFORMER/三秒間の死角』11月29日に公開決定

FBIに裏切られた情報屋の脱出劇を描いた、緊迫のクライム・サスペンス『THE INFORMER/三秒間の死角』が、11月29日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国公開決定。予告編、ポスタービジュアルも解禁となった。

本作は、欧州の文学賞に輝いたベストセラー小説『三秒間の死角』を、『ジョン・ウィック』シリーズのプロデューサーが映画化。主人公の情報屋ピート・コズローに『ロボコップ』のジョエル・キナマン、FBI捜査官ウィルコックスに『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク、NY市警の刑事グレンズに『スーサイド・スクワット』のコモン、ウィルコックスの上司モンゴメリーに『クローサー』のクライヴ・オーウェンなど、実力派俳優が出演。自分を取り巻くすべての組織から命を狙 われる、絶体絶命の男の究極の脱出劇が描かれる。

今回解禁となった予告映像では、FBI捜査官から麻薬組織への潜入を任されたピートが、組織のリーダーから刑務所内の麻薬取引を仕切るよう命令される事態に。仕事を断れば妻子の命が危ない……。ピートは、FBIに組織を抜けたいと相談するものの、ウィルコックスの上司モンゴメリーはそれを拒否。仮釈放を取り消すぞと脅しをかけられる。

ピートに残された選択は二つ。“12年の刑期に服すか”、刑務所内の取引を立証し麻薬組織を壊滅させ“自由を得るか”。やむなく刑務所に舞い戻るが、さらにNY市警が彼の動きを嗅ぎまわっていた。

そんな状況下でFBIからも切り捨てられたピートは、ついにFBI、麻薬組織、NY市警、刑務所の看守……自分を取り巻くすべての組織から命を狙われることに。この状況を打破するため、命がけの脱出にすべてを懸けることになるのだが、絶体絶命の中でピートは“全てを出し抜く一瞬の死角”に気付く。

全く先の読めない手に汗握る展開が、瞬きすら許さない緊張感溢れる映像にぜひ注目してほしい。

【STORY】
自由の身と引き換えに、FBIの情報屋になったピートは、最後の任務としてマフィアに潜入し、刑務所内での麻薬組織作りに着手する。FBIの裏工作で競合組織を壊滅させたピートだったが、NY市警の横やりにより彼らに裏切られ、全ての組織から命を狙われる絶体絶命に陥る。果たしてピートはFBI、マフィア、NY市警、囚人たち全てを出し抜き脱出することができるのかーー。

作品情報

『THE INFORMER/三秒間の死角』
11月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

出演:ジョエル・キナマン、ロザムンド・パイク、コモン、アナ・デ・アルマス、クライヴ・オーウェン
監督:アンドレア・ディ・ステファノ
原作:「三秒間の死角上/下」(角川文庫刊)
配給:ショウゲート
2019/カラー/5.1ch/イギリス・アメリカ・カナダ/スコープ/113 分/原題:THE INFORMER

©Wild Wag films Productions 2018

オフィシャルサイト
http://informer-movie.jp

原作小説『三秒間の死角』