伊藤健太郎、井口 昇が演技力を大絶賛! 映画『惡の華』撮影当時15歳、秋田汐梨の新場面写真が解禁

伊藤健太郎、井口 昇が演技力を大絶賛! 映画『惡の華』撮影当時15歳、秋田汐梨の新場面写真が解禁

9月27日(金)より全国公開される、映画『惡の華』より、佐伯奈々子役を演じた秋田汐梨の新場面写真と、役作りについてのエピソードが到着した。

「絶望」をテーマに主人公の鬱屈とした青春と行き場のない衝動を過激なストーリー展開で描いた、押見修造の同名コミックを実写化した本作。監督は原作者からの逆指名された井口 昇。脚本は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』を手掛ける岡田麿里が担当する。

秋田は2003年京都生まれの16歳で、本作撮影時は15歳と、メインキャスト4人の中で唯一現役の学生。そのため、本作ではナチュラルに等身大の中学生・高校生を演じている。

またオーディションの際、井口監督に「佐伯を演じられるのは彼女しかいない」と言わしめた秋田は、リアルな学生の心情を表現し、時折見せる怖いほどに大人びた表情で観るものを魅了。井口監督は、さらに「候補の中でもスバ抜けて演技力があった。皆さんかわいい演技は出来るものの、ちょっと怖い、ダークな芝居ができる子は秋田さんしかいなかった」と、秋田の演技力を大絶賛。主演の伊藤健太郎も、「例えセリフであっても『ガッカリした』と言われた時はリアルに傷つくくらい胸に刺さった」と共演した時のことを思い返し、原作者・押見も「本物だけが持つ迫力みたいなものを感じました」と大満足している。

そして今回解禁された新場面写真は、そんな秋田の片鱗が垣間見えるような4枚。雨に濡れながら泣く姿や、怒りのあまり右肩を掻きむしる姿、真っ白なコートに身を包み笑顔を振りまけば、病院の待合室で静かに涙を流す……。喜怒哀楽を繊細に表現する彼女だが、女優としての活動を始めたのはまだ3年前だ。

女優の活動をしながら雑誌『ニコラ』のモデルとして、「しおりんご」の愛称で小中学生から多くの人気を集め、8月には「Seventeen」の専属に就任。女優にモデルと、まさに今大躍進を遂げている新星・秋田汐梨の活躍には、ますます目が離せない。

【STORY】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった…。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう…

作品情報

『惡の華』
9月27日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

監督:井口 昇
脚本:岡田麿里
原作:押見修造「惡の華」(講談社刊)
出演:伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 飯豊まりえ 北川美穂 佐久本 宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾
製作:ハピネット、NTTぷらら、ファントム・フィルム、角川大映スタジオ
製作幹事:ハピネット
共同幹事:NTTぷらら
製作プロダクション:角川大映スタジオ
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会

オフィシャルサイトakunohana-movie.jp

原作コミック『惡の華』