蒼井 優「生半可な気持ちで臨める作品ではなかった」。映画『宮本から君へ』完成披露舞台挨拶で出演者が各々の想いを吐露

蒼井 優「生半可な気持ちで臨める作品ではなかった」。映画『宮本から君へ』完成披露舞台挨拶で出演者が各々の想いを吐露

本日8月22日(木)、新宿バルト9にて『宮本から君へ』の完成披露舞台挨拶が開催。主演の池松壮亮をはじめ、蒼井 優、井浦 新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也(監督)、新井英樹(原作)が登壇した。

舞台挨拶では、まず池松が本作に出演しているピエール瀧と、協議を重ねてやっと公開に至った今の心境について言及。池松は「逆境に継ぐ逆境で、笑えてくるくらい時間がかかったんですけど、なんとか平成の最後に撮影を終えることができました」語り、「いろんな人がリスクを取って、公開する運びになった」と感謝の言葉を述べた。

蒼井は撮影を振り返って、「生半可な気持ちで臨める作品ではなかった」とひと言。とても熱量を込めなければいけない作品だったそうで、「ボロボロになりながら、みんなで挑んだと思います」と明かし、「それが少しでも伝わってくれればいいなと思っています」と続けた。

さらに、原作者で本作には宮本の父として出演もしている新井は、池松演じる宮本を絶賛。「90年代当時、原作は一番嫌われる漫画、(宮本が)一番嫌われる男にも選ばれていたんですけど、映画版の池松君はそれ以上でした(笑)」と打ち明け「(宮本のセリフを)生の声で聞くと、もう止めてくれって言わんばかりの宮本っぷりでした」と話した。

また、イベントでは池松が自身の歯を抜こうとしたという驚きのエピソードも。伝説の漫画を映画化するには、自身も何かを捧げなければいけないのではという心境に達したそうで、新井や蒼井に止められ、抜かずに済んだことも明かした。

そして、終盤は監督の真利子が「スタッフもキャストも、みんなが一緒になって『宮本から君へ』をすごい映画にするんだという想いで、ここまでやってきました」と語り、池松は入場の際にバラをもらった観客に「エンドロールの最後に宮本がバラを食べるので、いっしょに食べてください」と笑いを誘って、イベントは終了。

映画『宮本から君へ』は、9月27日(金)に全国公開される。

フォトギャラリー

作品情報

『宮本から君へ』
9月27日(金)全国公開

原作: 新井英樹 『宮本から君へ』 百万年書房/太田出版刊
監督:真利子哲也 『ディストラクション・ベイビーズ』
脚本:真利子哲也、港岳彦 『あゝ、荒野』
出演:池松壮亮、蒼井 優、井浦 新、一ノ瀬ワタル、柄本時生、星田英利、古舘寛治、ピエール 瀧、佐藤二朗、松山ケンイチ
配給:スターサンズ、KADOKAWA
主題歌:「Do you remember?」
作詞/作曲 宮本浩次
プロデュース 横山健&宮本浩次
レコーディングメンバー Vocal:宮本浩次、Guitar:横山 健、Bass:Jun Gray、Drums: Jah-Rah

©2019「宮本から君へ」製作委員会 

オフィシャルサイト
miyamotomovie.jp

『宮本から君へ』原作