北村匠海×鈴木伸之、“同期入社の凸凹コンビ”を好演! JT企業広告「想うた」シリーズ最新作で初共演

北村匠海×鈴木伸之、“同期入社の凸凹コンビ”を好演! JT企業広告「想うた」シリーズ最新作で初共演

2018年6月よりスタートした、ひとがひとを想う気持ちを“うた”にのせて届ける、JTの企業広告「想うた」シリーズが開始2年目を迎え、第2章へ。今作の『同期を想う』篇から、“違うから、人は人を想う。”のメインコピーのもと展開される。

今作も、主人公は人気若手俳優の北村匠海。北村演じる村上優人の会社の同期役・村石翔太役には、俳優の鈴木伸之を起用し、性格も特技も異なる同期入社のふたりが“凸凹コンビ”として、ぶつかり合いながらも前を向いて進む姿を中心にストーリーは進む。

違いを認め合い、想い合うことの大切さを、MONGOL800のキヨサク(vo&b)のオリジナルの“うた”にのせて描写。これまでとは違ったモダンジャズ調で、映像がよりエモーショナルに見える楽曲アレンジにも注目だ。

「想うた」スペシャルサイト限定で、ふたりの個性の違いや徐々に変わっていく関係性をより鮮明に描いたWEB限定スペシャルムービーも公開。こちらも要チェックだ。

撮影エピソード
北村と鈴木は今回が初共演ということで、現場で芝居を合わせたときの化学変化を演じながら楽しんでもらえたら、ということを伝え、セリフの細かい部分はふたりに任せることに。撮影は2日に分けて行われたが、2日目には北村と鈴木の距離も初日より近くなっており、あらゆるシーンでアドリブが炸裂!

同期2人でプレゼンに臨むシーンでは、鈴木が「オススメのタレントは北村匠海です!」とプレゼンを始めたり、北村が鈴木のアドリブに思い切り乗っかるかたちでクライアントに壮大なプランの提案をしたり、終始笑いの絶えない現場となった。

また、北村は今回で4作目になるが、自分とは個性の違う同期を一瞬いぶかしんだり、少し嫉妬したり、新しい優人の表情を自然に演技。

反対に、鈴木は疑問点を都度ていねいに監督に確認しながら、村石というキャラクターを作り上げた。ふたりとも設定されたキャラクターとは正反対(?)なのかもしれない。

短いセッティングチェンジの間など、ふたりは現場近くに待機。共通してプレイしているゲームの話などで盛り上がっていた。そんな息ぴったりのふたりの雰囲気が周りにも伝わったのか、オールアップのシーンでは居酒屋でエキストラからも、「お疲れさまでした」のあと、拍手がなかなか鳴り止まなかった。

【北村匠海 コメント】
Q. 鈴木伸之さんと共演されての印象はいかがでしたか?
A. 初めて一緒にお芝居するとは思えない、“あうんの呼吸”が生まれたのではないかと思っています。鈴木さんとのお芝居は、とても気持ちよく、居心地がいいものでした。

Q. 今回演じた主人公は、じっくり考えてから動くコツコツタイプですが、ご自身はどうですか?
A. 僕はじっくり下準備した上で、あとは現場での空気や感覚で戦います! いいとこ取りかもしれません(笑)。

Q. 今までの人生で“自分とはタイプの違う良きライバル”はいらっしゃいましたか?
A. います。役者仲間のひとりで、僕にとって親友であり良きライバル。同い年だけど、役者としてのタイプは違うし、人間としても性格は正反対です。でも、だからこそ切磋琢磨できる良い関係なのではないかと思っています。

【鈴木伸之 コメント】
Q. 『想うた 同期を想う』篇への出演オファーを受けたときの感想と、現場を終えての感想を教えてください。
A. 全シリーズ拝見させていただいたのですが、今までのシリーズも音楽とリンクしている作品で、ドラマも短時間の中でしっかり描かれていて、とても素敵な作品だなと思っていました。そんな作品にお声掛けいただいて、率直にうれしかったです。シリーズの第4弾ということもあって、チームの雰囲気もでき上がっていて、スタッフさんも明るく、監督さんも気さくな方なのでとても入りやすい現場で、楽しい2日間の撮影でした!

Q. 今回主人公の「同期役」を演じるに当たり、撮影で特にこだわった部分や意識・工夫したところ、苦労された点はありましたか?
A. 歌詞の中でも、真逆にいるふたりという描かれ方をしていたので、北村匠海くんとも重ならないキャラクターを意識して役作りしました。

Q. 今までの人生で出会った、良きライバルは誰ですか?
A. 誰というのはないですが、つねに自分がライバルという感じがしています。なにか物事に挑戦する際に妥協しないように葛藤したり、ストイックに自分を保てるか、そういう意味で自分がライバルですかね。


「想うた」スペシャルサイト
https://www.jti.co.jp/omouta/?utm_source=pr&utm_medium=release&utm_campaign=omouta4


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC