「死ぬほど勇気をもらえる」。歌広場 淳、最上もが、宮藤官九郎らも絶賛!『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』本編映像も解禁

「死ぬほど勇気をもらえる」。歌広場 淳、最上もが、宮藤官九郎らも絶賛!『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』本編映像も解禁

9月20日(金)に公開される、『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』を一足先に鑑賞した各著名人から絶賛コメントが寄せられた。

本作は『レディ・バード』『ムーンライト』などの話題作を⼿がける新進気鋭スタジオ「A24」が製作、2018年の「サンダンス映画祭」で⼤喝采を浴び、各国の映画祭で数々の賞を受賞。オバマ前⽶⼤統領が2018年の年間ベスト映画に選出、『ROMA/ローマ』で「第91 回アカデミー賞」外国語映画賞を受賞したA・キュアロン監督も「ここ最近で⼀番、泣いた映画」と⼤絶賛するなど多くの著名⼈を魅了するなど、現在インディペンデント映画界最⼤の話題作だ。

中学校卒業を1週間後に控えた、クラスで⽬⽴たない⼀⼈の少⼥ケイラ(エルシー・フィッシャー)を主⼈公に、⽣まれたときからインターネットやSNSが当たり前のように存在する「デジタルネイティブ」な“ジェネレーションZ”と呼ばれるティーンたちのリアルな葛藤や恋、⽗親とのめんどくさい関係、そして成⻑の物語を可笑しく痛烈に、そして優しく描く感動作。精⼀杯の勇気とともに“⻘春”に真正⾯から⽴ち向かっていくケイラの姿に共感する⼈たちが続出、⼤きな社会現象を巻き起こし、公開当初はわずか4館でのスタートながら⼝コミによって3週間で全⽶1084館に拡⼤、⼤ヒットを遂げた。

さらにコメントと共に、本編映像も解禁。中学校⽣活最後の1週間を迎えたケイラが「おしゃべり賞」「きれいな瞳賞」など学校の⼈気者たちが受賞するいろんな賞が並ぶ中で「学年で最も無⼝な⼦」“無⼝賞”に選ばれてしまうシーンから始まる。⾃⾝のSNSで⾃⼰啓発⽤動画を投稿するなど、実は他⼈から注⽬されたいケイラにとって、絶対に選ばれたくない不名誉な賞だったが、これが現実だった。その後受賞者の撮影会に集められたケイラだったが、やはりそこでもひとりぼっち。先⽣に名前を呼ばれ“瞳賞”を受賞したクラスメイトのケネディに頑張って「やったね」と声をかけるもやはり無視され…⾃⼰評価と他⼈からの評価の違いを突きつけられ、それでも必死にポジティブな⾏動をとろうとするケイラに感涙必須のシーン映像となっている。

【歌広場 淳(ゴールデンボンバー)コメント】
自分が映画になったのかと思った。僕と同じ陰キャは、どうか見てほしい。死ぬほど勇気をもらえる。僕はもう、街でいきなり陽気なYouTuber に声を掛けられても怖くない。

【最上もが(タレント)コメント】
思春期の美しくて脆い心情に、一緒に悩んでモヤモヤして笑顔になりました。ケイラの言葉はきっといくつになっても刺さる。最高にクールな女の子の物語。

【宮藤官九郎(脚本家・監督・俳優)コメント】
いい!これはぜひ娘に見てほしい!けど娘にこれを薦める父親、どうかしてる。
そういう意味で俺にとって『台風クラブ』や『家族ゲーム』と同ジャンル、青春映画の金字塔や!

【春名風花(女優)コメント】
ケイラ! あなたの動画に、無限に“いいね”を押したい! 愛しくて、思わず抱きしめたくなる映画です。

【ジェーン・スー(コラムニスト)コメント】
どこまでもいたたまれない気持ちになるのは、すべてがリアルだから。
本物の人生に起承転結なんてない。

【瀬戸あゆみ(デザイナー/モデル)コメント】
痛々しいけど、愛おしい。ほろ苦いけど、甘酸っぱい。ひとシーンずつ印象に残っている、忘れられない映画。

【柚木麻子(作家)コメント】
スマホより空を見よう、ともSNSは最高とも言っていない。
ただ、見知らぬ誰かに話しかけていたケイラが、自己にむけて語り出した瞬間、未来は輝いていく。

【STORY】
中学校⽣活の最後の⼀週間を迎えたケイラは、「学年で最も無⼝な⼦」に選ばれてしまう。不器⽤な⾃分を変えようと、SNS を駆使してクラスメイト達と繋がろうとする彼⼥だったが、いくつもの壁が⽴ちはだかる。⼈気者のケネディは冷たいし、好きな男の⼦にもどうやってアプローチして良いか分からない。お節介ばかりしてくるパパはウザイし、待ち受ける⾼校⽣活も不安でいっぱいだ。中学卒業を前に、憧れの男⼦や、クラスで⼈気者の⼥⼦たちに近づこうと頑張るが…。

作品情報

9月20日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国順次公開!

監督・脚本:ボー・バーナム『ビッグ・シック ぼくたちの⼤いなる⽬ざめ』(出演)
出演:エルシー・フィッシャー(『怪盗グルーのミニオン危機⼀発』※声)、ジョシュ・ハミルトン(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)、エミリー・ロビンソン(『バッド・ウィエイヴ』)、ジェイク・ライアン(『ブルー・ワールド・オーダー』)ほか
製作:A24
⾳楽:アンナ・メレディス
原題:EIGHTH GRADE/G/
⽇本語字幕:⽯⽥泰⼦
配給:トランスフォーマー
© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC
オフィシャルサイト
http://www.transformer.co.jp/m/eighthgrade/