今年は何回ラケットを折った!? 悪童キリオスのお騒がせ動画がまたもや大拡散

今年は何回ラケットを折った!?  悪童キリオスのお騒がせ動画がまたもや大拡散

テニス界きってのお騒がせ男が、またしても仰天行動で話題となっている。

View this post on Instagram

Just a kid doing his thing

A post shared by NK (@k1ngkyrg1os) on

お騒がせ男とは、テニスファンにとっては、もはやおなじみの存在になってしまったかもしれないニック・キリオスのことだ。今回の騒動が発生したのは、先日行われたウエスタン・アンド・サザン・オープンのシングルス戦。2回戦でロシアのカレン・ハチャノフと対戦したキリオスは、第1セットを奪ったものの、続く第2セットを落としイーブンの状態に。

ここで、トイレットブレイクをとったキリオス。コート裏に引き返す際に、なぜかタオルを口にくわえるとラケットを2つ持った。トイレに向かうと思いきや、なんと手に持ったラケットを両方とも壁に投げつけ破壊! そして、トイレに入ることなく壊れたラケットを持ったままコートに再び現れたのだ。
一部始終を捉えていたESPNの公式SNSがこの様子を公開すると、またたく間に拡散。現在までに動画は128万再生を超える大反響をみせている。数年に一度の乱心ならわかるが、キリオスにとって問題行動は日常茶飯事。この動画を見たファンからは、「こいつはレジェンドだな」「全然笑えない、イカれている」といった辛辣な声が多数届いた。

イタリア国際でも、ラケット投げつけに加え椅子をコートに放り投げるといった問題行動を起こしているキリオス。

アンダーサーブといったトリッキーなプレーでは、批判の声だけではなく彼を擁護する意見もあったものの、度重なる破壊行為にもはやテニスファンも呆れ顔だ。この試合、フルセットの末破れたキリオスは試合後主審に向かい暴言を吐いたともされ、現在罰金と出場停止の可能性が報じられている。類まれな才能を持ちながら、今ひとつ大人になりきれないキリオス。彼が改心する日は訪れるのだろうか?

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO