興行収入40億円超え! ロシアの超絶・戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』胸アツ場面写真解禁

興行収入40億円超え!  ロシアの超絶・戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』胸アツ場面写真解禁

興行収入40億円超え、全露No.1メガヒットを記録したロシアの超絶・戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が10月25日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

第67回アカデミー賞外国語映画賞受賞『太陽に灼かれて』の監督ニキータ・ミハルコフが製作し、本国ではロシア映画史上最高のオープニング成績を記録。最終興行収入は40億円を超え、800万人動員という驚異的な数字を叩き出し、2019年、はやくも<全露No.1>メガヒットを記録。もはや社会現象として世界各国からも注目を集める『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』。

戦車が繰り広げる片輪走行にドリフト、弾が炸裂する超絶映像。『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけた「Film Direction FX」を筆頭にロシア最先端の映像技術を結集し圧倒的アクションシーンを活写。登場するソ連軍の“T-34”はすべて本物の車両を使用し、役者自らが操縦する超本格派。たった4人のソ連兵捕虜がナチスの軍勢に立ち向かう胸熱シチュエーション、立ちはだかる宿敵(ライバル)、そして収容所で出会ったヒロインとのドラマチックな恋の行方――。観客の度肝を抜く<戦車アクション・エンターテインメント>が、ついに日本に上陸する。

そんな本作より場面写真11点が大放出された。

砲弾が火花を散らしながら戦車の装甲を削る瞬間、今まさに互いを撃ち合わんとする二両の戦車の接近戦を真上から捉えた瞬間、駐車場や閑静な住宅街などの意外な場所で戦車が爆走する瞬間、スコープから覗く戦車などの戦車ファンにはたまらない胸アツな場面はもちろん、主人公イヴシュキンが率いるT-34の乗員達や、そのライバルであるナチスのイェーガー将校のドヤ顔、収容所の通訳である女性にイヴシュキンが耳打ちをするラブロマンスシーンなど、ドラマを感じさせる場面も。『バーフバリ』チームのVFXや俳優たちによる戦車の操縦などが話題になりがちな本作だが、それらの軸となる物語の濃厚さにも期待できそうだ。果たして、イヴシュキンたちの絶対に不可能な脱出劇はどんな結末を迎えるのか!? 乞うご期待。

 

【STORY】
第二次大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出撃した前線で惜しくも戦いに敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう。戦車の指揮官であることがわかると、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T-34を操縦することを命令される。イヴシュキンは、同じく捕虜になった仲間たちと隊を組み、T-34の整備と演習への準備期間が与えられた。しかし、その演習では弾を装備することは許されず、ひたすらナチスの戦車軍から逃げ惑うことしかできない。命令に背いても、演習に出撃しても必ず死が待っているのだ。しかし、男は仲間のため、そして収容所で出会った愛する人のため、あまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。たった4人の捕虜が、ナチスの軍勢に立ち向かう。果たして、決死の作戦は成功するのか――!?

作品情報

映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』
10月25日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

監督・脚本:アレクセイ・シドロフ 
製作:ニキータ・ミハルコフ、ルベン・ディシュディシャン、アントン・ズラトポリスキイほか
出演:アレクサンドル・ペトロフ、イリーナ・ストラシェンバウム、ヴィンツェンツ・キーファー、ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ、アントン・ボグダノフほか
2018年/ロシア/カラー/スコープサイズ/ロシア語・ドイツ語/原題:T-34/113分 
字幕翻訳:櫻田美樹 
字幕監修:浪江俊明 
配給:ツイン 
宣伝:スキップ

©Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』オフィシャルサイト
http://t-34.jp/