『ゲゲゲの鬼太郎』第70話あらすじ&先行カット解禁! 石を破壊しようとする健人の前に、鬼太郎が現れ祟りはあると断言する。

『ゲゲゲの鬼太郎』第70話あらすじ&先行カット解禁!  石を破壊しようとする健人の前に、鬼太郎が現れ祟りはあると断言する。

8月25日(日)放送のTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』第70話「霊障 足跡の怪」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

第70話「霊障 足跡の怪」

入らずの山には、タイタンボウ様という氏神がいる。その山の番人は、四日おきにその御霊石に祈りを捧げ、町の住人以外を山に入れてはならないという役目を負わされる。もしそれを怠れば、恐ろしい祟りが町に降りかかるのだという。
番人を務める阿形家に生まれた健人(声:小野将夢)は、その役割から逃れるため御霊石を壊そうとする。仲間と共に山に入る健人だったが、祟りを理由に鬼太郎(声:沢城みゆき)と父(声:谷 昌樹)に止められる。その夜、諦めずに石を破壊しようとする健人の前に、再び鬼太郎が現れ祟りはあると断言する。鬼太郎の口から語られた13年前の真実とは……!?

演出:角銅博之 脚本:長谷川圭一 作画監督:八島善孝 美術:加藤 恵

第70話先行カット