前田敦子が“世界の黒沢 清”の凄さを実感! 映画『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭からの《凱旋》舞台挨拶

前田敦子が“世界の黒沢 清”の凄さを実感!  映画『旅のおわり世界のはじまり』ロカルノ国際映画祭からの《凱旋》舞台挨拶

日本初となる第72回ロカルノ国際映画祭でのクロージング上映を記念して、『旅のおわり世界のはじまり』がメイン館のテアトル新宿で、昨日8月23日より、凱旋上映がスタート。これに際して、先週末に、ロカルノ国際映画祭から戻ったばかりの主演の前田敦子と、黒沢清監督によるトークイベントが行われた。

作品は、ウズベキスタンとの国交成立25周年を記念した日本・ウズベキスタンの初の合作映画で、黒沢清監督が、前田敦子、加瀬 亮、染谷将太、柄本時生を迎え、全編ウズベキスタンでオールロケ撮影された。前田は“舞台で歌う”という夢を胸に秘めながら、取材のためウズベキスタンを訪れるテレビ番組リポーターの主人公を演じている。

ロカルノ国際映画祭に初めて参加し、欧州最大の野外スクリーンを備える“ピアッツア・グランデ”の観客8,000人の前での舞台挨拶を体験し、その観客と黒沢監督とともに作品を鑑賞した前田は、「(完成後の関係者試写に参加できなかったため)いままでスクリーンでこの作品を観ることができていなかったので、黒沢監督の隣で、はじめてスクリーンでみることができて楽しかったです。屋外で、鑑賞したせいか瞬きするのも忘れるほど映像に圧倒されました」と話す。三大映画祭と並ぶ歴史あるロカルノ国際映画祭について感想を聞かれると、「“世界の黒沢 清”の凄さを実感しました。向こうで参加した様々なイベントや会見で、プレスや記者、監督やプロデューサーなど、みなが黒沢監督のファン。宿泊ホテルで朝食をとっていると、「黒沢監督は、ここに宿泊しているの?」と話している人も見かけました」。それを受けて、監督は「国際映画祭となると、何故か監督をちやほやしてくれるんですね。普段は監督なんて、端に立って、写真から切られる存在なのですが」と笑いを誘った。

 

スイス・ロカルノの印象を聞かれた前田は、「なんて素敵な場所だろうと。到着した瞬間これはバカンスだと思いました。宿泊したホテルも湖に囲まれたところで、朝、湖にカモが浮かんでいるかと思ったら、地元のおじいさんでした(笑)。けっこう寒いのに元気だなと」 。一方、ロカルノ国際映画祭は3度目の参加となるが、主演女優とともに参加したのは初めてだった黒沢監督は「今回、主演女優の前田さんと一緒に参加できたので、華やかだし、映画を観終えたお客さんが、スクリーンに写っていた、その人がそこに生でいるということが、観客のワクワクする経験になっていたように感じました。現地の取材でも、前田さんがどういう女優さんかという質問が多かった。映画がドキュメンタリーのように見えるからか、映画の主人公は、実際にTVリポーターをやっている人なのか?  と勘違いしている記者がいました」と話す。

今日のイベントでは、前田と黒沢監督がロカルノから買ってきたお土産を、観客に抽選でプレゼントする企画も実施され、前田は<スイスTシャツを着た牛のボールペン><樽を提げたセントバーナードのキーホルダー>。監督は<チーズフォンデュ><スイス製の強力な虫除け>の2種を現地で購入してプレゼントした。

虫除けは、ロカルノに蚊が多く、前田がスイスで、蚊にたくさんかまれたことなどあったそうだが、黒沢監督らしいお土産のセレクトに会場内も沸いていた。最後の挨拶では「自分の作品が、こんなに長い期間上映してもらえるのはじめて。時間をかけて細く長く上映されてほしい。そして観た方が、何年も何十年も心の片隅においてくれたらうれしいですね」と監督が話し、前田が「いろいろなところで上映してもらって、これからもこの映画に旅してほしいですね」と締めくくった。

【STORY】
遠い空の下、“新しい自分”に出会う─
テレビ番組のリポーターとして美しい国“ウズベキスタン”を訪れた葉子は、この国にいる“伝説の怪魚”を探すため、番組クルーと様々な地を訪れる。ある日の収録が終わり、彼女はひとり見知らぬ街を彷徨ううち、導かれるように路地裏につながれたヤギと巡り合う。それは、目前に広がる“世界”との対話のはじまりだった──。

作品情報

映画『旅のおわり世界のはじまり』
絶賛公開中


監督・脚本:黒沢 清
主演:前田敦子 加瀬 亮 染谷将太 柄本時生
製作:キングレコード、ローデッドフィルムズ、東京テアトル、朝日新聞社、TBSラジオ、博報堂/UZBEKKINO
特別協力:ウズベキスタン国家観光発展委員会  
配給・宣伝:東京テアトル
©2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

オフィシャルサイト
tabisekamovie.com