興収120億円突破でディズニー映画歴代4位にランクイン! 映画『アラジン』本年度No.1ヒット記録更新中

興収120億円突破でディズニー映画歴代4位にランクイン!  映画『アラジン』本年度No.1ヒット記録更新中

日本公開12週を迎えた映画『アラジン』が、8月25日までの国内興行成績で、興行収入120億1,599万6,600円、動員844万9,981人を記録した。

この成績は、大ヒットシリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」2作品や『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『アリス・イン・ワンダーランド』の成績も超えて、国内ディズニー映画史上4位にラインクイン。ディズニー映画の代表作の1つとなったことは間違いない。

また大ヒットが続く中、SNSなどで早くも話題となっているのが、続編の制作。アニメーション版『アラジン』には『アラジン/ジャファーの逆襲』という続編作品(劇場未公開)が存在し、その後のテレビシリーズ「アラジンの冒険」に続くプロローグとなったほか、『キングダム ハーツⅡ』のモチーフとなったことでも知られている。映画のプロデューサーであるダン・リンも続編制作への意欲とともに、作品の企画が初期段階にあることをコメント。

さらに『アラジン』ファンの間でもう1つ話題となっているのが、先日突如発表された新曲「Desert moon」だ。本編からは最終的にカットとなってしまった曲として公開されたが、アラジン役のメナ・マスードとジャスミン役のナオミ・スコットの美しすぎるハーモニーと、哀愁を帯びた歌詞が大きな話題となっている。この曲は、ジャスミンの魂の叫びと強い決意が込められたソロ曲「スピーチレス~心の声」と同様、ディズニー音楽のレジェンド “アラン・メンケン”と『ラ・ラ・ランド』や『グレーテスト・ショーマン』で知られるベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが本作のために書き下ろした新曲。待ち合わせに現れないアラジンを待つジャスミンと、ジャファーに捕らえられ待ち合わせに行けないアラジンが、同じ月を見上げる2人の切ない姿描くシーンに使われる予定だった。

本編には、アラジンの家でジャスミンがそのワンフレーズを奏で、「母がよく歌ってた」「私の母も」と、2人の母の思い出の曲として心を繋ぐきっかけの1つとなる曲として、わずかな一端が残されていたが、先日の発表でその全容が明らかになった。公開された曲の全容を聞いたファンからは、本編からカットされたことを残念がる声が続々と上がり、まもなく劇場公開が終わるであろうことへの惜しむ声も多くあがっている。

作品情報

『アラジン』
大ヒット公開中

監督:ガイ・リッチー
脚本:ジョン・オーガスト、ガイ・リッチー
音楽:アラン・メンケン
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス
原題:Aladdin
全米公開:2019年5月24日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html