稽古場も初公開! 柚希礼音、ソニン出演ミュージカル『FACTORY GIRLS』より出演者コメント到着

稽古場も初公開! 柚希礼音、ソニン出演ミュージカル『FACTORY GIRLS』より出演者コメント到着

9月25日(水)より上演される、柚希礼音、ソニン出演のミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』が、本日8月27日(火)にダイジョ―スタジオにて、稽古場公開&囲み取材を実施。出演者のコメントをオフィシャル写真とあわせてお届けする。

【出演者 コメント】
・柚希礼音

私が演じるサラは実在にいる方で、働く女性達のリーダーとして立ち上がる人物です。(稽古をしていると)宝塚のトップ時代に色々リーダーとして悩んだことがすごく思い出されました。
20年間ミュージカルをやらせていただいておりますが、宝塚以外で取材でこんなに女性が並ぶのは滅多にない(笑)。なので、とても革命的なミュージカルだと思います。本番までには役名のない方もキラキラして、誰を観たら良いか分からないくらいの中で、私たちもますますエネルギーをもってやりたいと思っています。
恋愛がメインではなく、でもお客さまにかなり共感してもらえることが多い作品になっているので、女性はもちろん、男性も「女性はこう思ってるんだな」と分かってもらえるのでぜひ観ていただきたいと思います。(剣 幸との共演について)ずっと観ていたので、とても感激です! 剣さんのお稽古を(稽古場の)自分の席から観られる喜びを感じています。

・ソニン
新作ということで、我々がオリジナルの作品になっていくので、日々キャスト、スタッフみんなで話し合いながら一緒に作っていっているので、正直大変なところもありますが、幕が開けた時に今まで感じたことのない達成感がまっているかと思っています。柚希さんもお話していましたが、女性だけが並んで激しく踊る(今回公開した楽曲「機械のように」のような)女性だけのユニゾンで聞く迫力は初めてなので、お客さんが聞いたらゾワゾワするのではないかと想像しています。ただ、私は団体と絡まない、いつも孤独な役どころなので(ユニゾンで歌える)みなさんが羨ましいです。
私が演じるハリエットはみんなから一歩引いて周りの様子をみて、上司と雇用者の間にたって中間をとる役どころなので、その人なりの悩みを繊細に伝えられたらと思っています。これに共感してくださる方もいるのではないかと思います。

・実咲凜音
私が演じるアビゲイルはサラのお姉さん的存在で、やるべきことをやらねばと考えながら生きている人物です。
(柚希さんとの共演について)まさか柚希礼音さんとご一緒できるなんて……とすごく嬉しかったです。稽古が始まってからは(役柄的に)工場の先輩なので逆の立場ということで、今まで見上げる憧れの先輩だったのが舞台上では肩を組むような感じなので、自分自身楽しめるところまでいけたら良いなと思っています。

・清水くるみ
女性が多いので、いつもの稽古場とは雰囲気が違う感じがします。私が演じるルーシーは、1番年下ですが年下ながらもみんなを見つめ、支えている明るく優しい存在です。恋愛作品の需要が多いですが、こういう(恋愛がメインではない、女性だけで作る)作品がたくさんの方に見ていただけると日本もちょっと変わるかなと思います。ストーリーテラーでもあるので、まとめられるよう頑張ります。

・石田ニコル
女性差別が行われている時代に、自分で働いて賃金を貰ってオシャレをし、自分を着飾って男性を捕まえようとする役です。現代の女性の感覚にも近い役だと思います。一生懸命働いて夢を掴もうとする役です。ミュージカルは2回目ですが、みんなのダンスシューズを「どんなのだろう!?」と見たりして(笑)、新しい発見もあり新鮮な気持ちです。

・板垣恭一(日本版脚本・演出)
日本が世界で初めての披露するオリジナルの作品となります。
働く女性や権利がテーマになってはいますが、決して暗くて重いわけではなく、明るくて元気なシーンも多く、女性たちが今どのように生きているのかを表現しているのでポップになっています。
(稽古場の雰囲気について)男性は本音をあまり語らないですが、女性は喋る前に顔に出てるので分かりやすい(笑)。みんなが和気あいあいとやってくれているので、幸せだなと思っています。隠しごとのない稽古場にしようと話しているので、みんなで好きなことを言い合っています。

猪塚健太のインタビュー記事はこちら

猪塚健太がA New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』で貫く“演劇愛”。ウーマンパワーが溢れる舞台で女性が惚れる男を演じる

猪塚健太がA New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』で貫く“演劇愛”。ウーマンパワーが溢れる舞台で女性が惚れる男を演じる

2019.06.22

公演情報

『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』
【東京】9月25日(水)~10月9日(水) TBS赤坂ACTシアター
【大阪】10月25日(金)~10月27日(日) 梅田芸術劇場メインホール

音楽/詞:クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニー
日本版脚本・演出:板垣恭一
出演:
柚希礼音、ソニン、実咲凜音、清水くるみ、石田ニコル
原田優一、平野 良、猪塚健太、青野紗穂、谷口ゆうな、能條愛未/戸井勝海、剣 幸
島 ゆいか、安福 毅、当銀大輔、丸山泰右、大音智海、上條 駿、矢内康洋
酒井翔子、田口恵那、Sarry、杉山真梨佳、コリ伽路、井上花菜

【チケット】
料金:S席 12,500円/A席 10,000円/B席 8,500円(税込・全席指定)
※未就学児童の入場は不可。
※車いすで来場予定の人は、あらかじめ購入公演日時・座席番号を「イープラス(東京公演)」「キョードーインフォメーション(大阪公演)」へ連絡を。

『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』オフィシャルサイト
http://musical-fg.com