松岡茉優・松坂桃李・森崎ウィン・鈴鹿央士がピアノを奏でる特別映像解禁! 映画『蜜蜂と遠雷』劇中オリジナル楽曲が先行配信スタート

松岡茉優・松坂桃李・森崎ウィン・鈴鹿央士がピアノを奏でる特別映像解禁! 映画『蜜蜂と遠雷』劇中オリジナル楽曲が先行配信スタート

10月4日(金)より公開される、映画『蜜蜂と遠雷』の劇中オリジナル楽曲〈春と修羅〉が本日8月28日(水)より先行配信スタート。特別映像も解禁となった。

原作は、史上初の快挙となる「直木賞」(第156回)と「本屋大賞」(2017年)のW受賞を果した、恩田 陸の新たな代表作となった同名作。国際ピアノコンクールを舞台に、亜夜(松岡茉優)、明石(松坂桃李)、マサル(森崎ウィン)、塵(鈴鹿央士)という世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、そして成長を描く。

なお、この度先行配信がスタートした〈春と修羅〉は、9月4日(水)より発売となる本作のインスパイアード・アルバムにも収録され、劇中ではコンテスタントたちの課題曲として登場する、劇中オリジナル楽曲。ソロのピアノ作品に“カデンツァ(即興演奏)”部分があり、今回先行配信される楽曲は亜夜・明石・マサル・塵それぞれ全く異なる“カデンツァ”が収録され、クラシックファンはもちろんのこと、原作ファンも必聴のものとなっている。

作曲を担当した藤倉大は〈春と修羅〉について「僕はまず、小説の中で〈春と修羅〉に関する描写のある部分を全部取り出してみようと思いました。僕はこの映画で一番のキーは恩田さんの小説だ、と思ったし、僕の書く〈春の修羅〉は映画音楽ではなく、この作品では映画の重要キャラクターの一人だと思う。」とその重要性についてコメント。並々ならぬ作曲したことも語っており、楽曲を実際に耳にした原作者・恩田は「作曲を手掛けた藤倉さんはすごくリサーチをして『小説の中からヒントをもらった』とおっしゃっていました。私の描いた通りに創ってくださっている。」と、手放しで絶賛している。

また、解禁された特別映像では、松岡演じる亜夜、松坂演じる明石、森崎演じるマサル、鈴鹿演じる塵が〈春と修羅〉を演奏するシーンを収録。憂いを帯びた表情でピアノを鳴らし過去の自分を回想する亜夜、笑顔で演奏を楽しむ塵、精悍な顔つきでピアノと向き合う明石、自信に満ち溢れた表情で音を奏でるマサルなど、壇上で見せる各々の凛とした姿に注目だ。

【STORY】
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江国際ピアノコンクール。ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。7年前の突然の失踪から再起を目指す元・天才少女、英伝亜夜。“生活者の音楽”を掲げ、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。人気実力を兼ね備えた優勝大本命、マサル。今は亡き“ピアノの神”からの「推薦状」を持つ謎の少年、風間塵。熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。その先に待ち受ける運命とは。

作品情報

『蜜蜂と遠雷』
10月4日(金)全国公開

原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎刊)
出演:松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン 鈴鹿央士(新人)
監督・脚本・編集:石川 慶
©2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

『蜜蜂と遠雷』原作