4年目のBリーグもエンタメ要素満載! テーマ曲に久保田利伸とVERBAL

4年目のBリーグもエンタメ要素満載!  テーマ曲に久保田利伸とVERBAL

男子プロバスケットボールBリーグが8月27日、4シーズン目の開幕を前に都内で「B.LEAGUE TIPOFF カンファレンス2019」を開催。B1全18チームの各代表が今シーズンの意気込みを語るとともに、さまざまなエンタメ情報も発表された。

開幕に先駆けて大河正明チェアマンがBリーグ4年目のテーマ『NEWNESS』を掲げた。
「Bリーグの新時代がいよいよ到来いたしました。開幕から3年、平成が終わり令和という新時代が訪れるとともに、日本のバスケ界が躍進を遂げBリーグも新たなるステージに。昭和の野球、平成のサッカー、令和のバスケットボールとなれるよう業界のエンジンとなるBリーグがシーズンのテーマとして掲げたのが『NEWNESS』です」
引き続大河チェアマンは、試合だけにとどまらない素晴らしい観戦体験を演出する「アリーナエンタテインメント」について、今季の取り組みを語った。

10月3日、横浜アリーナで行われるB1開幕戦は、川崎ブレイブサンダースと宇都宮(旧栃木)ブレックスの昨シーズンチャンピオンシップクォーターファイナルの再戦。このB1“THE”GAMEでは、Bリーグ史上最多の機材設備による「圧倒的な照明演出」を行う。また、ダンサー・振付師として米津玄師をはじめ数々のアーティストとコラボするなど、国内外でも活躍する菅原小春がパフォーマーとして参加することが決定した。

さらに、新シーズンのテーマソングを久保田利伸が担当することを発表した。久保田は2017年にBリーグが初めて開催したトーナメントカップ戦「アーリーカップ」でもテーマソングを担当。今回はm-floのVERBALとの強力タッグを結成する。久保田はビデオメッセージを寄せ、「久保田のファンキーフレーバーとVERBALのスタイリッシュグルーブの融合で、日本バスケットボールに華を添えます」と語った。

ほかにも、B.LEAGUE 2019-20 SEASON CHEERアンバサダーに、スヌーピーをはじめとするピーナッツ(PEANUTS)の仲間が就任。ピーナッツは1950年10月に連載がスタートし、今年の10月2日からアニバサリーイヤーがスタートする。10月3日(木)の開幕戦ではスヌーピーが登場し、会場を盛り上げるほか、Bリーグとピーナッツのコラボグッズ販売も予定されている。

【Bリーグ2019-20 主なスケジュール】
10月3日(水) B1 開幕戦 B1“THE”GAME
10月5日(金)・6日(土) B1 他8カード開幕戦
9月20日(金)・21日(土)・22日(日) B2開幕戦
9月14日(土)・15日(日)・16日(月) アーリーカップ2019

※今年で3回目の本大会は、Bリーグ(B1・B2)全36クラブが参加し、東北/関東/北信越/東海/関西/西日本の6地区で開催する地区別トーナメントカップ戦。

B.LEAGUE(Bリーグ)オフィシャルサイト
https://www.bleague.jp/