百瀬義行監督の超美麗な映像×久石 譲の至極の楽曲。映画『二ノ国』幻想的な長尺本編シーン解禁!

百瀬義行監督の超美麗な映像×久石 譲の至極の楽曲。映画『二ノ国』幻想的な長尺本編シーン解禁!

現在公開中の映画『二ノ国』より、劇中でも屈指の映像美を誇り、山﨑賢人演じる主人公ユウと、永野芽郁が演じるアーシャ姫が初めて心を通わす超重要なシーンが長尺映像として解禁となった。

映像では、身体に残る邪気を取り払うため“清めの湖”へとやってきたアーシャ姫とユウの心の触れ合いが描かれる。百瀬義行監督の超美麗な映像と、久石 譲の至極の楽曲のハーモニーが織りなす、本作でも屈指のみどころとなっている。しかし、この2人の心の触れ合いが後のドラマに大きな影響を及ぼすことになる。ユウとアーシャの物語はピュアなロマンスを感じさせつつも、同時に現実の世界“一ノ国”で命の危機に陥っているコトナを救いたいハル(新田真剣佑)とユウの間に大きな亀裂を生み出し、“愛するものと友情のどちらを選ぶのか?”という、切なすぎる選択のきっかけを作る。

本作の映画化に際して「相当なクオリティのものをつくる覚悟を決めました」と語るのは、『二ノ国』の生みの親で本作の製作総指揮/原案・脚本を務めた日野晃博。日野は「2つの国で命がつながっているという設定こそが大事だと肝に銘じ、登場するキャラクター同士の設定も慎重に。違いすぎず、一緒になりすぎずというバランスに苦労しましたね」と、“一ノ国”と“二ノ国”の命のつながりこそが重要なポイントであることを語る。ユウを演じた山﨑は、「『二ノ国』は青春×ファンタジーな作品なので、ワクワクしながら観て欲しいです。生きているといろんな選択があるけれど、この物語でユウとハルは、大切な人をめぐって命の選択をすることになる。自分の大切な人を思いつつ、純粋に楽しんで頂けたら嬉しいです」と本作の熱いドラマの見どころを、少しだけ明かしてくれた。

【STORY】
冷静沈着で車椅子のユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの彼女コトナの3人は幼なじみ。ある日、突然襲われたコトナを助けようとしたユウとハルは、現実世界と並行する魔法世界「二ノ国」へ引き込まれる。そこは命がつながった“もう一人の自分”がいる世界。次第にユウはコトナにそっくりなアーシャ姫に惹かれていく。しかし、そこには「コトナの命を救うにはアーシャの命を奪わなければいけない」という残酷なルールがあった――。コトナを救いたいハル。アーシャを守りたいユウ。 “大切な人の命”をかけた究極の選択が迫る時、ユウとハルが下した決断とは――?

作品情報

映画『二ノ国』
大ヒット上映中

キャスト:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、坂本真綾、梶 裕貴、津田健次郎、山寺宏一/伊武雅刀、ムロツヨシ
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石 譲

原案:レベルファイブ
アニメーション制作:オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国」製作委員会 
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「二ノ国」製作委員会 

映画『二ノ国』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/ninokunijp/