樹木希林が亡くなる数日前につぶやいた想いとは…? 一人娘の内田也哉子が真矢ミキと対談

樹木希林が亡くなる数日前につぶやいた想いとは…? 一人娘の内田也哉子が真矢ミキと対談

国分太一と真矢ミキがMCを務める、情報番組『ビビット』(毎週月~金曜あさ8時)で、明日30日(金)、昨年9月に亡くなった女優・樹木希林の一人娘でエッセイストの内田也哉子と真矢のスペシャル対談が放送される。

今月、内田は樹木との共著という形で『9月1日 母からのバトン』というタイトルの本を出版。毎年この日に、学校を苦にして自ら命を絶ってしまう多くの若者たちをテーマにした内容だ。

「死なないで、死なないで……。今日は、大勢の子どもが自殺してしまう日なの」

昨年9月。内田は樹木が病室の窓の外に向かって、言葉を詰まらせながらそう呟いているのを見たと話す。一体、樹木は何を伝えたかったのか――? 学生だけではなく、今、思い悩んでいる全ての人に見て欲しい、“気づき”に富んだ対談となっている。

また対談は、この著書について以外にも、両親を相次いで亡くした内田が今の想いから、樹木の“奇跡的な秘話”、家族で過ごした最期の時間、さらには、「学生の頃、周囲と同じように女の子が好きそうなキャラクターの文房具が欲しいとせがんでも、シンプルな文房具しか買ってもらえなかった」と、樹木とのエピソードをまじえながら、あまりにも強烈な両親に育てられ苦悩した過去を語る。