新海 誠、行定 勲ら映画監督がぞっこん。森 七菜の18歳誕生日記念! 映画『最初の晩餐』未公開場面写真が解禁

新海 誠、行定 勲ら映画監督がぞっこん。森 七菜の18歳誕生日記念! 映画『最初の晩餐』未公開場面写真が解禁

11月1日(金)に全国公開される、染谷将太主演の映画『最初の晩餐』に出演する森 七菜の未公開場面写真が解禁となった。

染谷、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏など、日本映画界の豪華実力派俳優らが家族になる本作は、サザンオールスターズのドキュメンタリー映画をはじめ、CMやMVなど、さまざまな分野で高く評価される常盤司郎監督が、構想7年を費やした渾身のオリジナル脚本で、満を持しての長編映画デビュー作となる。

そして、本日8月31日(土)は、本作で父親の再婚に心揺れる長女・美也子(戸田恵梨香)の小学生から高校生までを演じる森の18歳の誕生日。そんな森の誕生日を祝して解禁された場面写真には、父と美也子と弟の麟太郎の3人家族に、新しい母と連れ子のシュンがやってきたことで反抗的になっている小学生時代の美也子の姿や、新しい家族との距離感を縮めていくきっかけの料理“味噌汁”を吸い込んでいる様子、そして、高校生になった美也子がロングヘアをハーフアップし、制服を着こなしている姿が写し出されている。

 

監督の常盤は、森のキャスティングについて「会った時にこの作品に対する覚悟を感じ、“この子だ!”と、決意しました。ナチュラルな空気感や集中力など大きく惹かれるものがありました」と、オーディション現場で出会って彼女の強い存在感に気づいたことを明かした。さらに、「今作では、小学生時代の美也子、高校生時代の美也子という役柄なので、(他のキャストに比べ)森さんと一緒に役作りをする時間が長ったです。ぶらぶらと学校周辺を歩いてみたり、ランドセルを背負って違和感がないか確認してみたり、小学生の時に撮影していた動画を家から持ってきてもらい、当時の彼女の喋り方をみながら一緒に研究していきました」と、美也子を作り上げるのに、努力を惜しまない森との取り組みもアピールした。

【STORY】
思い出の手料理が、忘れていた大切な時間をよみがえらせる
父・日登志(永瀬正敏)が亡くなった。カメラマン東 麟太郎(染谷将太)は葬儀のために故郷に帰ってきた。姉の美也子(戸田恵梨香)と準備をする中、通夜の席ではひと騒動が起こっていた。母・アキコ(斉藤由貴)が通夜ぶるまいの弁当を勝手にキャンセルし、料理は自分で作ると言い出したのだ。やがて、運ばれてきたのは、目玉焼き。親戚たちがざわつく中、麟太郎は気がつく。
「これ、親父が初めて作ってくれた、料理です」
次々と出される母の手料理を食べるたび、思い出が麟太郎たちの脳裏によみがえっていく。20年前に父と母が再婚した日、連れ子の兄シュンと5人で暮らした日々のことを……。止まっていた家族の時が今、ゆっくりと動き出す。

作品情報

『最初の晩餐』
11月1日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演:染谷将太 戸田恵梨香 窪塚洋介 斉藤由貴 永瀬正敏
森 七菜 楽駆 牧 純矢 外川 燎 池田成志 菅原大吉 カトウシンスケ玄理 山本浩司 小野塚勇人 奥野瑛太 諏訪太朗
監督・脚本・編集:常盤司郎
企画・プロデューサー: 杉山麻衣
プロデューサー: 森谷 雄/鈴木 剛
共同企画:中川美音子
製作:『最初の晩餐』製作委員会製作
プロダクション:アットムービー
配給:KADOKAWA
©2019『最初の晩餐』製作委員会

オフィシャルサイトsaishonobansan.com