『トイ・ストーリー4』新キャラは“青おにの赤ちゃん”? ピクサー史上初!日本で公募したおもちゃをアニメーション化

『トイ・ストーリー4』新キャラは“青おにの赤ちゃん”? ピクサー史上初!日本で公募したおもちゃをアニメーション化

興行収入100億円超えが確実視されている、大ヒット公開中の映画『トイ・ストーリー4』。本作にはシリーズ初の手作りおもちゃのキャラクター“フォーキー”が登場することから、身近なもので手作りしたおもちゃを募集した「手作りおもちゃキャンペーン」を実施。この度、末松明葉さん(東京都)の手作りしたおもちゃ“ブルーベリー”がグランプリに輝いた。日本で公募したおもちゃをピクサーがキャラクター化したのは史上初のことで、ウッディやバズ、フォーキー、ボー・ピープらと夢の共演を果たした世界に一つだけの特別ポスタービジュアルが完成した。

応募者たちに向けて、「個性あふれる作品を楽しみにしてます!」と語っていたジョシュ・クーリー監督。そんな中、見事選ばれた“ブルーベリー”は、青おにの赤ちゃんのおもちゃ。チャームポイントは頭のツノと生えたての歯というキャラクターだ。青くて丸い顔はガチャガチャのカプセルを紙粘土で包み、体はプラスチックのコップ、脚は割りばしでできており、フォーキーのようにまさに身近にある素材で作られている。体に描かれた雷マークのような柄が特徴的で、青と黄色の色使いも鮮やかな可愛らしいキャラクターだ。完成したポスターではウッディやバズ、フォーキーらに負けず可愛らしい存在感を放っている。

公開8週目に差し掛かり、夏の競合が続々と公開する中、いまだ勢いが衰えず多くの観客が劇場に足を運んでいる本作。「ウッディの決断に大人こそが感動する物語だ」など、心に響くストーリーに大人からの共感の声が続出しており、映画を観た後にはオリジナル“フォーキー”を作る人が続出するなどの現象も起こっている。いよいよ夏休みも残りわずかだが、どこまで記録を伸ばすのかまだまだ注目だ

【STORY】
“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。ボニーのためにフォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる遊園地での壮大な冒険だった。見たことのない新しい世界で、最後にウッディが選んだ“驚くべき決断”とは…? 世界中が涙した前作を超える、「トイ・ストーリー」史上最大の感動のアドベンチャー。その結末は、あなたの想像を超える──。

作品情報

『トイ・ストーリー4』
大ヒット公開中

監督:ジョシュ・クーリー
製作:ジョナス・リヴェラ
全米公開日:2019年6月21日
原題:Toy Story 4
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html