星野 源、映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶で“引っ越しそば”。「なんか、これ…CMでみたことある(笑)」

星野 源、映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶で“引っ越しそば”。「なんか、これ…CMでみたことある(笑)」

本日8月30日(金)に全国公開を迎えた、映画『引っ越し大名!』の初日舞台挨拶が丸の内ピカデリーで行われ、主演の星野 源をはじめ、高橋一生、高畑充希、濱田 岳、及川光博、そして犬童一心監督が登壇した。

大歓声の中、豪華キャスト陣が会場後方から登場し、ステージに上がると星野は第一声、「本日、インスタグラムを始めました星野 源です! 宜しくお願いいたします! 」と挨拶。高畑も「源さんのインスタグラムに載りたいです! お願いします!」と続け、イベント序盤から会場を大いに盛り上げた。

6年ぶりの主演作公開となった星野は「撮影から1年半? いかないくらいですけど、そのくらい空いたので、公開を迎えられて、ものすごく嬉しいです。6年前は自分の事情でプロモーションもがっつりできなかったのですが、久しぶりの主演作で、いろいろ稼働させていただいて、こういう風にみなさんと初日を迎えられて非常に嬉しい。ありがとうございます! ほんと嬉しい!」と感謝の気持ちを述べた。

また、劇中、激しいアクションシーンにも挑戦した高橋は「過酷でしたけど、やっぱり出来上がったものを観て、とっても楽しい映画になっているので救われました。熱い炎天下の中でもキャスト陣が仲良かったので楽しく過ごせていたと思います」と、改めて撮影を振り返った。そして、及川は殿を演じるにあたり「お殿様としての風格と男色家としての素顔、その“ギャップ”を大切にした」と役作りについて明かした。

そして、濱田は撮影合間のエピソードを披露。「高橋さんとは何作もご一緒してますし、星野さんもとてもいいお兄ちゃんで。ゲームの話をしてくれたんですけど、僕ゲームやらないんで(笑)。でも、そこは年功序列とかいろいろあるので、『今度買ってみます』とかテキトーにやってました(笑)」と冗談まじりに話すと、星野は「やっぱり演技がうまいんでしょうね。全然接してくれてるとおもったんですけどね(笑)」と少し寂しそう。すると、高橋は「何作も一緒にやってると、“この野郎”が分かってきますよ。取材でも悪口言ってた」とコメント。「取材で悪口言うな~。この野郎”とはどういうことだ。馬鹿だな」と濱田が応戦すると、高橋は「ごめん、ごめんって」と少し不貞腐れたように謝る一面も。本当に仲が良いこその即興コント(?)を披露した。

監督も「本当に適材適所のキャスティング。撮影の合間でも仲のいいキャスト陣のおかげで、僕が子供のころに観た時代劇の楽しさが実現することができた気がします」と語った。

ここで作品のタイトルにちなみ、それぞれが“〇〇大名”を命名することに。及川は星野に“気配り大名”と命名。その理由は「初対面から、人を嫌な気持ちにさせない人だなって思ってました。控えめと言いますか、穏やかのコミュニケーションをとる方だなと。淡路島の撮影の時、本当に暑くて僕はマイ扇風機をもってきて、ずっと扇風機の前で涼んでいたんですけど、若者たちはわちゃわちゃしてるのに、僕だけ仲間外れみたいな感じになってて(笑)。そこに星野さんは話しかけてくれるんです」と星野の気配り上手を明かすと、濱田は「くそ優しんですよね(笑)。優しすぎて、大名なんかになれないですよ(笑)。炎天下の中、過酷なのにみんなに気配りができて、オフの時、ごはんご一緒してもずっと優しく見守ってくれているというか、本当に優しい印象しかないです。……くそ優しい、根暗な印象(笑)」と、高橋に“なんくせ大名”といじられた濱田らしい表現で、会場の笑いを誘った。

また、公開初日を記念して、鏡開きをすることに。樽の中には、タイトルにちなみ、“引っ越しそば”が! オフィシャル用の写真を撮影する際に、星野は「これ! なんか僕、割と普段やってるCMの感じがするんですけど!」と笑みをこぼすと、またも会場は大爆笑!

最後に「脚本を読んで、これは面白いな~と思って、是非出たいと思ったあの日からすごい長い時間が過ぎて、やっとこの日を迎えられましたのが、本当に嬉しいです。共演者のみなさんと苦労を共にしたことや、楽しく話した思い出が映像の中で素晴らしい作品として昇華しているのを見て、僕はすごく嬉しかったです。ちっちゃい子からおばあちゃん、おじいちゃんまで、どんな人でも楽しめる現代の日本で、今見るべき活劇時代劇だと思いますので、是非みなさん何度も観に来てください!」とアピールして、イベントは幕を閉じた。

【STORY】
引っ越しは・・・戦でござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介(星野 源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで本ばかり読んでいるので、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍だった。あるとき、藩主の松平直矩は、江戸から国替えを言い渡される。これまでの度重なる国替えで藩の財政事情は苦しいというのに、減封まで言い渡された上、行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。藩まるごとの引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る莫大な金額が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。しかし前任者はその激務が原因で亡くなっていた。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、なぜか春之介に白羽の矢が立ってしまう。国替えと減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りに行く。最初は父親の死の原因を作った藩に恨みを持っていた於蘭だが、春之介の優しさと頼りなさが放っておけずに手を貸すことになる。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月。果たして春之介はこの一生一大の大仕事を知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

作品情報

『引っ越し大名!』
8月30日(金)全国公開

出演:星野 源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田 岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫 刊)
監督:犬童一心
脚本:土橋章宏
配給:松竹

オフィシャルサイト
http://hikkoshi-movie.jp