是枝裕和監督の最新作『真実』が釜山国際映画祭で上映決定。“今年のアジア映画人賞”にも選定

是枝裕和監督の最新作『真実』が釜山国際映画祭で上映決定。“今年のアジア映画人賞”にも選定

10月11日(金)より全国公開される、是枝裕和監督最新作『真実』が、10月3日(木)~12日(土)に韓国・釜山で行われる、「第24回釜山国際映画祭」のGala Presentation部門にて上映が決定。さらに「今年のアジア映画人賞(Asian Filmmaker of the Year)」に是枝裕和監督が選定された。

「Asian Filmmaker of the Year」は 毎年アジア映画産業と文化発展に最も優れた業績を残したアジア映画関係者および団体に与える賞。是枝監督の選定理由について、釜山映画祭は「是枝裕和監督は、アジア映画界で最も影響があり、インパクトがあり、支持されている映画監督である。アジア映画界全体の発展と促進に大きな貢献をしていると同時に、映画監督としての素晴らしい技術を評価したいと考え授与を決めた」と発表。是枝監督は、同映画祭の上映イベントに登壇する予定だ。

【STORY】
全ての始まりは、国民的大女優が出した【真実】という名の自伝本。
出版祝いに集まった家族たちは、綴られなかった母と娘の<真実>をやがて知ることになる――。
国民的大女優ファビエンヌが自伝本【真実】を出版。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール、テレビ俳優の娘婿ハンク、ふたりの娘のシャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書……お祝いと称して、集まった家族の気がかりはただ1つ。「一体彼女はなにを綴ったのか?」
そしてこの自伝は、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く「真実」をも露わにしていき――。

作品情報

映画『真実』
10月11日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

監督・脚本・編集:是枝裕和 
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ『シェルブールの雨傘』/ジュリエット・ビノシュ『ポンヌフの恋人』/イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』/リュディヴィーヌ・サニエ『8人の女たち』
撮影:エリック・ゴーティエ『クリスマス・ストーリー』『夏時間の庭』『モーターサイクル・ダイアリーズ』
配給:ギャガ
©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

オフィシャルサイト
gaga.ne.jp/shinjitsu/