今度は“アメリカ”が堕ちる!? ジェラルド・バトラー主演、シリーズ最新作『エンド・オブ・ステイツ』の日本公開決定

今度は“アメリカ”が堕ちる!? ジェラルド・バトラー主演、シリーズ最新作『エンド・オブ・ステイツ』の日本公開決定

ジェラルド・バトラー主演のアクション映画「エンド・オブ〜」シリーズ最新作、『エンド・オブ・ステイツ』(原題:『Angel has Fallen』)が11月15日(金)に日本公開決定。あわせてポスタービジュアル、特報も解禁となった。

本作は『エンド・オブ・ホワイトハウス』(13)、『エンド・オブ・キングダム』(16)で未曾有のテロ事件から救ってきた、シークレット・サービス最強の男マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)の活躍を描くシリーズ3作目。全米では8月23日(金)より封切られると、3日間で興行収入2,138万987ドル(約22.7億円)を獲得し、全米初登場NO.1&2週連続No.1の大ヒットを達成 (※Box Office Mojo 調べ/1ドル106円計算)。また、米・映画レビューサイト「Rotten Tomatoes(AUDIENCE SCORE)」では驚異の95%(8月27日時点)と、ファンからはシリーズ最高傑作との呼び声も上がっている。

前作では副大統領だったモーガン・フリーマン演じるトランブルは、本作で大統領に昇格し、彼の命を守るべく任務遂行するマイク。到着した特報では、休暇中の大統領に向けて無数のドローン爆弾が襲い掛かり、マイクは逮捕され「俺をハメた人間がいる」と吐き捨てる。

何者かの陰謀に巻き込まれていくマイクだが、本作ではさらに、前シリーズ作で直面した“ホワイトハウス陥落”、“ロンドン同時多発テロ事件”を超える、 “アメリカ陥落”という危機が迫っている様子。果たしてマイクは自らの無実を晴らし、世界破滅の危機を救う事が出来るのか……?

【STORY】
アメリカが堕ちる― 大統領暗殺計画の裏に蠢くのは、世界を破滅に導く巨大な陰謀
かつて世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス、マイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。英雄として名を馳せ、今もトランブル大統領(モーガン・フリーマン)から絶大な信頼を得ているが、歴戦の負傷は彼の体を蝕んでいた。引退が頭をよぎるようになっていたある日、休暇中のトランブル大統領(モーガン・フリーマン)に空から大量のドローン爆弾が襲いかかる。激しい攻撃の中意識を失い、目を覚ますとマイクは大統領暗殺を企てた容疑者として拘束され、FBIの執拗な尋問を受けていた。何者かが仕組んだ陰謀。なんとか隙を突いて逃げ出した彼は、真実を明らかにするため走り出す。傷だらけの英雄、最後の戦いが今始まる―

作品情報

『エンド・オブ・ステイツ』
11月15日(金)新宿バルト9他全国ロードショー

監督:リック・ローマン・ウォー(『オーバードライヴ』『ブラッド・スローン』)
脚本:ロバート・マイク・ケイメン(『トランスポーター』『96時間』シリーズ)
出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、ジェイダ・ピンケット=スミス(『マトリックス』シリーズ)、ニック・ノルティ(『48時間』シリーズ)
2019年/アメリカ/121分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:ANGEL HAS FALLEN/英語/字幕翻訳:北村広子
配給:クロックワークス
レーティング:PG12
協力:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント、アスミック・エース

©2019 Fallen Productions, Inc.