“メカニック安田 顕”が仕事へのこだわりを熱演! 井浦 新、満島真之介も出演する「ダイドーブレンド デミタス」の新CM解禁

“メカニック安田 顕”が仕事へのこだわりを熱演! 井浦 新、満島真之介も出演する「ダイドーブレンド デミタス」の新CM解禁

安田 顕、井浦 新、満島真之介が出演する、「ダイドーブレンドデミタス」シリーズの新CM「ダイドーブレンドデミタスこだわるって、贅沢。篇」(15秒)が、9月9日(月)より全国にてオンエアが開始される。あわせて、ロケット素材を使用し、下町の技術を結集してこだわり抜いた超頑丈なスマホケースが、抽選で10名に当たる「宇宙スマホケース」プレゼントキャンペーンもスタートする。

メカニックの安田、エンジニアの井浦、パイロットの満島の3名が、回を追うごとに息があった演技を見せる本シリーズ。今回は、別部隊からも頼られるメカニックの安田が、自分の仕事にプライドとこだわりを持って、前向きな気持ちで向き合う姿を表現している。

【撮影エピソード】
前作と同様、地球防衛プロジェクトチームという役どころに挑戦した安田、井浦、満島。今回は、とある惑星の中継基地に降り立つという設定だ。ストーリーの主役は仕事への“こだわり”を男らしく演じる安田…なのだが、工具箱とドリルをカッコよく担ぎ、さらに携帯電話を持つ左手でデミタス微糖を飲もうとするシーンでは、撮影用の工具箱とドリルがリアルな作りで実際に重く、インタビューで「実は手がプルプルしちゃって」と語られている通り、かなりの重量に参りつつも、熱演したという。

さらにアドリブで、安田が基地を出て行く扉をわざと逆に向かって歩き出し、井浦に「あっちあっち!」とツッ込まれ現場は大爆笑。そんな陽気な滑り出しもあってか、本シリーズCMで3度目の共演となる3人は撮影の合間でも雑談で和気あいあいと盛り上がり、コミュニケーションを深めていた様子。また、撮影終了後のインタビューでは、「進化しなきゃ!」と安田流の“職人気質”をはじめ、素の3人が自由な会話を繰り広げた。

出演者インタビュー

Q:まずはCMについてです。今回でこの御三方で撮影されるダイドーブレンドのCMは三回目になるのですけれども、何か変化や進化などはありましたでしょうか。それはCMの撮影の事でも、三人のチームワークの事でも…

満島:安田さんが頑張るしかないっていうやつでしたからね、今回は。

井浦:手数が多かったですからね。

安田:手数がね、多かったからね。いや本当に…。我々、三回目ともなると入った時点で何かもう親しみやすさというか…

井浦:ありましたね。

満島:何か…、他の現場で会った時すごいよそよそしかったって聞いたのですけれども…?(二人の方を手で示す)

安田:この格好しないと逆に恥ずかしいんですよ。

満島:あはは!

井浦:「ああ~会っちゃった…どうしよう…」ってなるね…。

安田:「ああ、どうもどうも…」とか言ってね…。この格好している方がもう「あっ! おはようございます!」みたいに。

一同:(笑)

井浦:楽にお話が出来ますよね。

Q:この衣装でスイッチが入るといった感じでしょうか?

安田:スイッチが入るというのか、そうでしょうね…。

満島:この姿しか見ていないので、僕普段安田さんに会っても気づかないと思いますよ。これがないと(衣装の頭の飾りを示す動作)

安田:そんなわけないじゃないの…。いや…今回重かったんですよね。進化したいなあと思いましたね…。実際に工具箱とドリル、重かったのでその方が実は僕は助かるっていうか、軽い物を重く持つような演技するよりかは、ある程度重い物を持った方が正直楽だったりするじゃないですか。ただ、昔だったら軽々出来ていたことが、45…46なんですけれども、若干重かったのね。

満島:ガンッガンぶつけてましたもんね(笑)

安田:一番大事な物(缶コーヒーを持つ仕草)を飲む時に、プルプルしちゃって…ちょっと、身体鍛えたいなあみたいな、進化したいなあみたいな…。

井浦:自分自身の進化みたいな感じですね。

満島:でも進化と言えばですよ! このデミタス、一新ですから。デザイン。進化してますよ、見事に。

安田:見事に、うん。

満島:だってダイドーブレンドっていうこのロゴ、ロゴの色が遂に変わりましたからね。

安田:何か、プレミアム感でません?

満島:出てます!

安田:こう、ロゴがね。

満島:いやさっき新さんと話していたんですけど、良いサイズなんですよ。この飲み切れる…。

井浦:飲みきりのね。

安田:そうそうそうそう、ね。

井浦:どれがお好きですか?

安田:うーん。本当はこれだからね(自身の衣装を示しながら)、赤って言おうかなって思ったんだけど、単純に青かなあ…。

井浦:皆それぞれ、味が違うわけですよね。

満島:(商品を一つずつ指差しながら)ブラックですよね、微糖(青)、1.5倍のコク(赤)…、甘さ控えた微糖(黄色)。細かいですよ、仕事が。

安田:見た目だけじゃなくてね、中身も美味くなっているっていうのが…。

井浦:そうそう、デミタス微糖…。

満島:進化していますから。

安田:進化していますね。長年、同じデザインを続けるということも凄いよね。ここに来て一新する決断だったりさ、まだまだ進化しますよ!っていうところがまた良いよね。

満島:はい!

安田:私もね、余命幾ばくか分からないけれども…

一同:(笑)

安田:これからも進化していきたいなあ…って思いますよねえ!

井浦:僕たちの関係も進化していくんですかね、これから…どうなって行くのでしょうね。

満島:それも楽しみです!

安田:俺思ったんだけど、今、ネットってね、考えようによっては自由じゃない? ここにさ(セットの操作パネルの前に移動しながら)、ホログラムでさ、缶コーヒーを映してもらって、それが宇宙で見つけたっていう体で、三人が缶コーヒーとお話しするっていうか…

満島:おお…良い案ですよ!

安田:それでこの(映し出された)デミタスにはダイドーさんの宣伝部の方が声で、こう喋ってもらって、それで(自分たちが)なんとなく質問して、若干困らせるっていうか…。

満島:あはは! 次からは…

安田:そうそう、そういう遊びも出来るんじゃないかなって

井浦:ですねえ。出来ますね。

満島:良いですね……。……誰もメモってもいないですけれども…。

一同:(笑)

安田:気になっているのは、私は今ひょっとしたら画角に入っていないのではないのかと…

井浦:僕ら皆そうかもしれないですね。

満島:でも色んな案がこれから考えられますからね。

Q:次の質問はキャンペーンについてなんですけれども、今回はロケット素材で超頑丈な「宇宙スマホケース」というものをプレゼントするキャンペーンが展開されるのですが、超頑丈スマホケースというのはですね、日本の下町工場の匠が部品などの制作をされていまして…。下町の工場と言えば……安田さん!

安田:なるほどなるほど。ああ~。

満島:安田さんなんですよ今回。

井浦:うんうん、今回ね。

Q:思うところがあると思われるのですが…こちらになります(スマホケースを安田さんに手渡す)

満島:これ、格好いいですよね! 欲しいんですよ。

安田:これ…ちゃんと、「KY」って書いてある

満島:……KYは何の略かちゃんと言わないと…「空気読めない」だけの人になっちゃいますから!

安田:「ケン・ヤスダ」ね。満島真之介は、「SM」。井浦 新さんは「AI」…。

一同:あはは…(苦笑)

満島:だから本当に、全てイニシャルが物語っているんですよ、その人を。

安田:えっ! ……あなたSMなの? 

満島:いやそうじゃなくて、両方持ってますよっていう意味で(笑)。個性の広がりを持っていきたいなと思っていますけれども。

安田:我が道を行くっていうね(「KY」の文字を指差す)。

満島:そうです(笑)!

安田:これが匠の技なんですね。お好きですよね…月とか、ロケットとか…

島:でも! ついにアレじゃないですか。普段使えるようなものが出てません? 皆さんがプレゼントされて、っていう。前は土地だったじゃないですか。どうする?! っていう…

安田:俺二つ持ってるからね。

一同:(笑)

安田:あと何かこう、ロケットとか、その素材とかって聞くと、作ること自体は凄く地味な作業じゃないですか。地味なんだけど、でも浪漫を感じますよね。そこにね…。これ何なんだろうね。

満島:いや、素晴らしいですよ。

安田:地道な地道なこの取り組みの中で、ロケット作るとかさ、それが月に行くとかさ、何か……素敵よね。

満島:素敵。凄く。

井浦:一応、素材的にはあれなんですかね、ロケット素材ということは、軽くて、頑丈で、ということがあるのですかね。

安田:そうですね。これ、結構軽いです。

井浦:軽いですか。ほう…。

安田:ちょうど良い重さだと思いますよ。うん……それではちょっと落としてみましょう。

満島:あははは!

井浦:ちょっと落としてみたいですね。(確認中)

安田:落とさない方が良い?

Q:ちょっと…落とさない方が…

安田:そうか、落とさない方が良いか…

満島:でもこれは嬉しいプレゼントだと思いますよ。

安田:嬉しいですよね。

満島:欲しいですもん!

安田:実際、落としてみたいよね。

井浦:落としてみたいです。

安田:あの、ほら、大気圏外から。

満島:大気圏外から?!

井浦:地球に向けてですか?

安田:どうなるのかなって…チャレンジしてみたいですよね。

井浦:ヒュンッてなくなりますよね。燃えてなくなっちゃいそう…

満島:でもこういうのを(スマホケース)下町の…本当、町の工場が作っているって凄くないですか?

安田:でも結構失敗するんだよね。

井浦:ふぅーん…。

安田:あれでしょう、多分千回やって二千回やって、ようやく一回成功するっていう事でしょ

満島:いや~~~…。夢ですよね。

安田:だからそういうものを見ながらね、使いながらできるって素敵ですよね。ご応募お待ちしていますってね。

CM場面カット

キャンペーン情報

「宇宙スマホケース」プレゼントキャンペーン
実施期間:2019年9月9日(月)10:00 ~11月29日(金)9:59


CMにも登場した「宇宙スマホケース」を抽選で10様にプレゼント。カラーやデザインを選べるなど、自分だけのカスタマイズが可能な仕様となっている。

キャンペーンサイト
https://blend.dydo.co.jp/scop/

ブランドオフィシャルサイト
https://blend.dydo.co.jp/