菅田将暉「3人に一瞬でも⻘春があれば」。映画『タロウのバカ』公園で遊ぶ本編映像解禁

菅田将暉「3人に一瞬でも⻘春があれば」。映画『タロウのバカ』公園で遊ぶ本編映像解禁

本日9月6日(金)に全国公開された、大森立嗣監督のオリジナル脚本による最新作『タロウのバカ』の本編映像が解禁された。

本作は少年タロウ(YOSHI)の物語。タロウには名前がない、戸籍すらなく、一度も学校に通ったこともない。そんな“何者でもない”存在のタロウは、偶然出会ったエージ(菅田将暉)とスギオ(仲野太賀)という高校生の仲間たちとともに、ただ奔放に自由な日々を過ごしていた。しかし、偶然一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、それまで目を背けていた現実に3人それぞれが向き合うことを余儀なくされる。

この度解禁されたのは、タロウ、エージ、スギオの3⼈が、公園で仲良く遊ぶ本編映像。無邪気にターザンロープで遊んでいるタロウに、砂場でケンカごっこを繰り広げるエージとスギオが映し出される。取っ組み合い、ボクシングさながらの殴り合い、最後はエージの強烈なローキックでスギオはダウン。全編に渡りハードなシーンが続く中、この場面では10代の⾼校⽣らしい躍動感とエネルギーに満ちたエージとスギオの姿を垣間見ることができる。

菅⽥が「僕の中でこの映画の⽬標は、3⼈に⼀瞬でも⻘春があれば、ということだけだった。いきりたって駆けだすような感覚を、どこかで3⼈がガッとなるような瞬間を作れればなって」と語るように、まさに⻘春時代の熱量が感じられる1シーンとなった。

そして本シーンの後半では、スギオが思いを寄せる⼥⼦⾼⽣・洋⼦(植⽥紗々)がサラリーマンと歩いているところを⽬撃する。⼼の淋しさを埋めるように援助交際に⾛ってしまう洋⼦に、スギオは思いを伝え、彼⼥を救うことができるのか。今後の2⼈の関係性も気になる映像となっている。

【STORY】
主人公の少年タロウには名前がない。戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがない。そんな“何者でもない”タロウには、エージ、スギオという高校生の仲間がいる。エージ、スギオはそれぞれやるせない悩みを抱えているが、なぜかタロウとつるんでいるときは心を解き放たれる。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、彼らはそれまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこととなる…。

作品情報

『タロウのバカ』
全国公開中

監督・脚本・編集:大森立嗣
出演:YOSHI 菅田将暉 仲野太賀 奥野瑛太 植田紗々 豊田エリー 國村 隼
製作幹事:ハピネット、ハーベストフィルム
配給:東京テアトル
©2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

オフィシャルサイトwww.taro-baka.jp