役所広司“鬼の形相”で捨て身のアクション! 映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』日本版ポスタービジュアル&場面写真が一挙解禁

役所広司“鬼の形相”で捨て身のアクション! 映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』日本版ポスタービジュアル&場面写真が一挙解禁

11月15日(金)に公開される、日中合作『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の日本版ポスタービジュアルと緊迫の場面写真が一挙初公開された。

本作は、標高8848M/氷点下50℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンタテインメント。主演を務めるのは日本映画界を代表する名優・役所広司。“ヒマラヤの鬼”と呼ばれ、ヒマラヤ救助隊「Wings」を率いる隊長・姜(ジャン)を演じ、極限地帯でのドラマを彩る確かな演技力はもちろん、これまでのイメージを覆すような激しいアクションシーンも魅せる。

今回解禁となった日本版ポスタービジュアルでは、頂が雪に覆われ圧倒的な存在感を放つエベレストと、そんな屈指の危険地帯である“デスゾーン”に果敢に挑む、役所扮するジアン隊長が率いる、ヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」の雄雄しい表情が映し出される。険しい氷山を背に、救助ヘリには爆炎が迫る中、捨て身で仲間を救助しようとするジアン隊長の姿もあり、エベレストに墜落した飛行機に残された<重要機密文書>の捜索のためデスゾーン”(危険地帯)へと飛び立った「チーム・ウィングス」に待ち受ける世界一危険なミッションの過酷さを物語っている。

さらに、鬼の形相で拳を構える姿から、巨大な氷柱に掴まり崖からダイブする隊員を受け止める姿、荒れ狂う吹雪の中でヘリから身を乗り出す姿など、まさに“ヒマラヤの鬼”と呼ぶに相応しいジアン隊長(役所)の決死のアクションシーンを含む計8点の場面写真も解禁。どれも緊迫した空気感が漂い、かつてないほど壮大なスケールと映像美に期待が高まる写真ばかりだ。

なお、本作は10月28日(月)より開幕する「第32回東京国際映画祭」の特別招待作品にも選出。日中合作の豪華キャスト・スタッフ陣、さらには豪華アーティスト&声優の情熱が結集した、規格外のアクション、濃密な人間ドラマ、圧倒的な映像美で描かれる『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』の続報に期待だ。

【STORY】
ヒマラヤ周辺国家は地域の平和のため地域会議を開催し、『ヒマラヤ公約』を締結することに。会議開催前、機密文書の乗った一基の飛行機がエベレスト南部に墜落。その文書はヒマラヤ地区の得難い平和的局面を脅かす可能性のあるものだった。インド軍側が緊急で派遣した特別捜査官だと自称する二人の男、ヴィクターとマーカスは、ヒマラヤ救助隊“Wings”を探し出し、エベレストに登って機密文書を取り戻す手伝いを依頼する。その依頼に懸念を覚えるWings隊長・姜(役所広司)だったが、隊は深刻な財政難に陥っていたため、再三迷った後、エベレストガイドの任務を引き受ける。しかし、過酷な雪山の頂・デスゾーンで待ち受けているものが何かを知る者はいなかった―。
かつてエベレストで遭難した恋人の遺体を探し出すためにWingsに入ったシャオタイズー(チャン・ジンチュー)の無謀ともいえる行動に亡くした娘を見るような思いに駆られつつ、隊長の姜はヘリパイロットのハン(リン・ボーホン)らとともに世界最高峰を登り始める。様々な思いと世界規模の陰謀がからまり、物語は思わぬ方向へ―

作品情報

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』
11月15日(金)全国公開

出演:役所広司 チャン・ジンチュー リン・ボーホン ビクター・ウェブスター ノア・ダンビー グラハム・シールズ ババック・ハーキー プブツニン
監督・脚本:ユー・フェイ プロデューサー:テレンス・チャン 
撮影監督:リ・ヨウキ
美術監督:パク・イルヒョン チー・セバク 
音楽:川井憲次 
編集:デビッド・リチャードソン ジョーダン・ディーセルバーグ ゾア・ジュイン
視覚効果スーパーバイザー:ユー・ジャン ジ・レイレイ
視覚効果コーディネーター:ジョウ・イェンチュン
提供:バップ
配給:アスミック・エース
©Mirage Ltd. 

オフィシャルサイト
http://over-everest.asmik-ace.co.jp/