高橋一生が巨大な槍を振り回す! 映画『引っ越し大名!』メイキング&本編映像が解禁

高橋一生が巨大な槍を振り回す! 映画『引っ越し大名!』メイキング&本編映像が解禁

8月30日に全国公開を迎えた、星野 源主演の映画『引っ越し大名!』で春之介(星野)の幼馴染であり、超体育会系の御刀番・鷹村源右衛門に扮する高橋一生が、巨大な槍・御手杵(おてぎね)を振り回す、大迫力の大立ち回りのメイキング&本編映像が解禁となった。

今回解禁された映像で鷹村が嬉々としてふるっている巨大な槍は、彼が仕える松平大和守家に伝わる家宝である御手杵の槍。日本号、蜻蛉切と並んで「天下三槍」と呼ばれる名槍だが、全長3.8mという巨大さから参勤交代の馬印として使用されるなど「家の象徴」を表す役割が強く、本来は実戦で使用されるようなものではなかったと逸話を持つ槍だ。

本作ではそんな「普通の人なら持ち上げるのもやっと」というほど巨大な槍が、実際に殺陣で使用されているという点も見どころのひとつとなっている。撮影で使用された御手杵の槍もレプリカとはいえ、その重さは数十キロ、振り回して空中でピタリと止めることは至難の技だ。演じる高橋自身も普段のスーツが合わなくなってしまったほど体を相当鍛えて撮影に臨んだという。

舞台となる江戸時代は、すでに戦乱の世は過ぎ、皆が平和に暮らしている時代だ。そんな時代に身分はれっきとした武士でありながら、誰よりも武芸を愛し、日々磨いている腕をいつの日か披露することに憧れている、犬童監督曰く「サムライバカ」な男こそが高橋演じる鷹村である。しかし、引っ越しがテーマであるはずの本作でなぜ鷹村は御手杵の槍を振り回しているのか!? この続きは劇場で!

【STORY】
引っ越しは・・・戦でござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介(星野 源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで本ばかり読んでいるので、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍だった。あるとき、藩主の松平直矩は、江戸から国替えを言い渡される。これまでの度重なる国替えで藩の財政事情は苦しいというのに、減封まで言い渡された上、行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。藩まるごとの引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る莫大な金額が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。しかし前任者はその激務が原因で亡くなっていた。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、なぜか春之介に白羽の矢が立ってしまう。国替えと減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りに行く。最初は父親の死の原因を作った藩に恨みを持っていた於蘭だが、春之介の優しさと頼りなさが放っておけずに手を貸すことになる。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月。果たして春之介はこの一生一大の大仕事を知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

作品情報

『引っ越し大名!』
全国公開中

出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田 岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫 刊)
監督:犬童一心
脚本:土橋章宏
配給:松竹

オフィシャルサイト
http://hikkoshi-movie.jp