綾野 剛、杉咲 花ら出演者が思う“楽園”とは――。映画『楽園』完成披露イベントが開催

綾野 剛、杉咲 花ら出演者が思う“楽園”とは――。映画『楽園』完成披露イベントが開催

本日9月5日(木)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、映画『楽園』の完成披露イベントが開催。レッドカーペット後の舞台挨拶には、綾野 剛、杉咲 花、佐藤浩市、片岡礼子、瀬々敬久(監督)が登壇した。

舞台挨拶では、まず瀬々が完成した本作について「今の日本の姿が大変よく映っていると思っています」とひと言。「みなさんの胸に飛び込んでいけ!」と急にハイテンションになり、佐藤に「飲んでいるのかと思ったよ」とツッコミを受けるなど、冒頭から会場を盛り上げた。

また、今週の「第76回ヴェネツィア国際映画祭」にて、本作のイベントと上映が実施されたことについて出演者が触れると、作品を代表して映画祭に参加した村上虹郎の写真が公開。海外の人が本作を観てくれることに対して、杉咲は「長野での実際のお祭りのシーンとかもたくさん出てきて、そういう日本の文化も楽しんでいただけるんじゃないかなと思いました」、片岡は「海外のどの場所でも意外に伝わるような、同じようなことがあったりするんじゃないかな」と語った。

共演者同士の撮影エピソードでは、綾野が過去にドラマの1シーンでしか共演したことがなかったという杉咲について、また共演したいと思っていたそうで、「願いが叶った」とのこと。いっぽうの杉咲は、綾野を役に入り込むタイプだと思っていたそうだが、気さくに話してくれたとのことで、誕生日にプレゼントをふたつもらったというエピソードも披露。綾野が照れ臭そうにする中、会場から拍手が上がった。

さらに、イベントでは本作のタイトルにちなんで、「出演者にとって“楽園”とは何か?」というお題でトークする場面も。ここでは、佐藤が「そこに住んでて楽園と思われる方もいれば、楽園じゃなかったと思って帰る人もいるし、その人の持ちようだと思うんです」と真面目に考えを述べると、後から答えるはずだった出演者たちが口をそろえて同じ考えであると返し、観客は笑顔に。綾野は自分ではないが、自身が演じた豪士が思う楽園について「“明日が来る”ということが彼にとっては楽園だった気がする」と答えた。

そして、本作の注目してほしいポイントについては、綾野が登場人物たちの「表情を見てほしい」と紹介。最後には「皆さんにこの作品を託しますので、みなさんの中のたくさんの感情や想いをこの作品に投影していただけたら幸いです」とメッセージを送り、舞台挨拶は幕を閉じた。

フォトギャラリー

作品情報

『楽園』
10月18日(金)全国公開

原作:吉田修一「犯罪小説集」 (KADOKAWA刊)
監督・脚本:瀬々敬久
出演:綾野 剛 杉咲 花 村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本 明 佐藤浩市
配給:KADOKAWA
© 2019「楽園」製作委員会

オフィシャルサイト
https://rakuen-movie.jp/

犯罪小説集』原作