横浜流星の“役者魂”に柳 明菜監督も大絶賛! 映画『いなくなれ、群青』公開前日特番が渋谷で生放送

横浜流星の“役者魂”に柳 明菜監督も大絶賛! 映画『いなくなれ、群青』公開前日特番が渋谷で生放送

サイバーエージェントの新社屋「Abema Towers」に新設された公開スタジオ「UDAGAWA BASE」において、特別番組「映画『いなくなれ、群青』公開前日特番~横浜流星らが渋谷で公開生放送~」が9月5日に公開生放送され、映画『いなくなれ、群青』に出演する、横浜流星、松岡広大、中村里帆、そして監督の柳 明菜が登場した。

映画『いなくなれ、群青』公開前日に緊急決定した番組にも関わらず、多くのファンが「UDAGAWA BASE」に集まっている様子をみて、横浜は「緊急なのにきてくれてうれしい」と感謝の言葉を述べ嬉しそうな様子。本作のあらすじを紹介したあと、中村が1か月間バイオリンを特訓して撮影に挑んだエピソードや、「最初機械的な人間だなって思っていたけど、人間らしい人間だと思った」と、横浜が自身が演じた七草について分析した。

そんなキャストたちの印象を聞かれた柳監督は、「フレッシュさで溢れていて、キラキラしていた。でも本番に近づくとその役にしかみえなくなって。すばらしい役者です」と大絶賛すると、横浜、松岡、中村の3 人も思わずガッツポーズ。そんな様子に「めっちゃかわいくないですか?」と柳監督も目を細めていた。

続いて、映画『いなくなれ、群青』の見どころを一言で表すコーナーに。横浜が「映像美」、松岡が「文語体のようなセリフ!!」、中村が「夏の空気感」、柳監督が「キャラクター達の想い」とそれぞれアピールすると、横浜は「この4人の見どころきいたらみたくなるでしょ! 損することはぜったいない!」と熱く視聴者にアピールした。

また、撮影時のハプニングや印象に残っていることを聞かれると、作中で堀に七草が真鍋への想いを語るシーンで「気持ちの整理がつかなくて、撮りなおしをさせてしまった」と、横浜が告白。これには、柳監督も「空気感があのシーンにふさわしくなかった」と申し訳なさそうな様子だったものの、横浜が勇気をもって撮りなおしをお願いしたことが、「本当にいいシーンになった。美しいです」とプロの対応に大絶賛した。

イベント情報

『いなくなれ、群青』公開記念トークイベント
全日程を渋谷HUMAXシネマにて実施予定。

【Day1】
日程:9月7日(土)
時間:12:00上映回(上映終了後登壇)/14:40上映会(上映前登壇)
登壇ゲスト:黒羽麻璃央、柳 明菜監督、菅原大樹プロデューサー(以上予定)

【Day2】
日程:9月8日(日)
時間:14:10上映回(上映終了後登壇)
登壇ゲスト:矢作穂香、松本妃代、中村里帆、柳 明菜監督、菅原大樹プロデューサー(以上予定)

【Day3】
日程:9月12日(木)
時間:18:30上映会(上映終了後登壇)
登壇ゲスト:松岡広大、君沢ユウキ、柳 明菜監督、菅原大樹プロデューサー(以上予定)

渋谷HUMAXシネマオフィシャルサイト
https://www.humax-cinema.co.jp/shibuya/

作品情報

映画『いなくなれ、群青』

原作:河野 裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)
監督:柳 明菜 
脚本:高野水登 
音楽:神前 暁 
主題歌:Salyu「僕らの出会った場所」/主題歌プロデューサー:小林武史

出演
横浜流星 飯豊まりえ
矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆
伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗/黒羽麻璃央

製作:勝股英夫 清水武善 堀内大示 中野伸二 稲葉貢一 川城和実 鈴木孝明  
エグゼクティブプロディーサー:寺島ヨシキ
企画/プロデュース:菅原大樹 
プロデューサー:浦野大輔 
協力プロデューサー:禱 映 

撮影監督:安藤広樹 
照明:太田宏幸 
録音/音響効果:丹 雄二 
美術:宮守由衣
装飾:森 公美 
ヘアメイク:長谷阪絵美 石崎加奈枝 
スタイリスト:中島エリカ 
衣装:高橋美咲 
編集:難波智佳子 
VFXスーパーバイザー:米田貴充
助監督:小泉宗仁
制作担当:矢島沙織 
企画協力:新潮社 
制作プロダクション:ノアド 
配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ

オフィシャルサイト
http://inakunare-gunjo.com/

オフィシャルTwitter
@InakunareG

オフィシャルInstagram
@inakunare_gunjo

©河野裕/新潮社 ©2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

原作小説『いなくなれ、群青』