大泉 洋の願い届く! 映画『そらのレストラン』が「サン・セバスティアン映画祭」カリナリー部門(食部門)に正式出品決定

大泉 洋の願い届く! 映画『そらのレストラン』が「サン・セバスティアン映画祭」カリナリー部門(食部門)に正式出品決定

今年1月に公開された、大泉 洋主演映画『そらのレストラン』(監督:深川栄洋)が、現地時間9月20日にスペイン北東部の港町で開催される「第67回サン・セバスティアン国際映画祭」カリナリー部門(食部門)に正式出品されることが決定した。

心温まる視線で“地域と人と食”を描き、映画界に新風を吹き込んだ「北海道映画」シリーズ。第一作『しあわせのパン』では、“パン”を分かちあう“夫婦”の物語を、第二作『ぶどうのなみだ』では“ワイン”の熟成に取り組む“家族”の物語を描いてきた。シリーズ第三弾となる本作では、実際に北海道・せたな町で循環農業に取り組む自然派農民ユニット「やまの会」をモデルに、様々な食材を一つにまとめ包み込む“チーズ”とその味わいのように濃厚な“仲間”の絆が丹念に描かれた人間ドラマとなっている。

本作は「第22回ソノマ国際映画祭」にて、日本映画としては初となる外国映画最優秀審査員賞を受賞したことも記憶に新しいが、またもや海外映画祭への出品が決定。カリナリー部門は、食通の街としても知られるサン・セバスティアンを象徴するといわれており、世界各国の食をテーマにした作品を上映したあとにその作品に関連するフルコース料理が提供されるという、この映画祭ならではの部門だ。本年の同部門では、各国から9本の長編と4本の短編映画が上映され、本作はまさしく北海道の“人と食”を届けるべく同部門に出品されることになる。作品ごとに有名な料理人が作品に纏わる「美食」も提供するという部門だけに期待は高まるばかりだ。

また、本作の上映に伴い、日本からは大泉と、大泉の所属するクリエイティブオフィスキューの社長であり、本作の企画を担当した伊藤亜由美が現地入りし、舞台挨拶に登壇する。北海道・せたな町からはじまった物語は日本を縦断し、世界へと広がっている。スペインでもしあわせな「いただきます」を響かせてくれるに違いない。

【主演・大泉 洋 コメント】
この作品が撮影された北海道・せたな町の素晴らしい食と風景に感動し「ここは日本のサン・セバスティアンだ」とことあるごとに申し上げておりましたが、本当にこの映画祭で選ばれて招待されることになるとは予想もしておりませんでした。食に関する映画部門ということで、僕が愛する北海道の食がスペインの皆さまに映画という形で知っていただけることをとても嬉しく思いますし、僕もサン・セバスティアンの食を楽しんで参りたいと思います(笑)。

【STORY】
北海道せたなで暮らす亘理と妻のこと絵と一人娘の潮莉。彼は父親から引き継いだ海が見える牧場で牛を育てながらチーズ工房を営んでいる。しかしチーズ作りはまだまだで、厳しい師匠に怒られてばかり。そんな亘理には気の会う仲間たちがいて日々助け合いながらも楽しく過ごしていた。そこに東京からやって来た牧羊を営む若者 神戸も加わり、それぞれの生産する食材を持ち寄り「おいしい」を共にしていた。そんなある日、彼らの食材を目当てに札幌からやって来た、有名レストランのシェフによって自分たちの食材がさらにおいしくなることに感動し、この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちみんなで一日限りのレストランを開くことを目指す。

作品情報

『そらのレストラン』

監督:深川栄洋 
脚本:深川栄洋、土城温美
音楽:平井真美子
キャスト:大泉 洋、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋 努、石崎ひゅーい、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世
©2019『そらのレストラン』製作委員会

オフィシャルサイト
http://sorares-movie.jp/

リリース情報

『そらのレストラン』
好評発売中

【Blu-ray】
価格:5,980円+税
収録内容:本編Blu-ray(本編126分+予告編)+特典DVD(メイキング、インタビュー、イベント集) 
封入特典:特製ブックレット(16P)
初回生産限定:特製スリーブケース

【DVD】
価格:4,980円+税
収録内容:本編DVD(本編126分+予告編)+特典DVD(メイキング、インタビュー、イベント集) 
封入特典:特製ブックレット(16P) 
初回生産限定:特製スリーブケース

発売・販売元:アミューズソフト