「告知したゲストはここまでです」のMCのあとに、まさかのエレカシ・宮本浩次登場! スカパラ『SLS』ライブが大盛況

「告知したゲストはここまでです」のMCのあとに、まさかのエレカシ・宮本浩次登場! スカパラ『SLS』ライブが大盛況

スペースシャワーTVが8月30日から9月1日までの3日間、山中湖畔で開催した野外フェス『SWEET LOVE SHOWER 2019』の最終日、9月1日公演に東京スカパラダイスオーケストラが出演した。

デビュー30周年を迎えたスカパラと、開局30周年を迎えたスペースシャワーTV。祝祭感溢れるステージになることが約束されるかのように、前日にはスカパラのステージにスペシャルゲストとして、Official髭男dism、Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、TAKUMA(10-FEET)が出演することが告知されており、いったいどんなコラボが展開されるのかと観客の期待と熱気も高まっていた。

オープニングSEの「遊戯みたいにGO」が流れるなか、エンジ色のスーツを身に纏ったスカパラメンバー9人がステージに登場すると、観客が大歓声で迎えいれる。谷中敦(b.sax)が「WE ARE TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA! スペースシャワー30周年おめでとう! スカパラも30周年です! 戦うように楽しんでくれよ!」とシャウトしたあとに披露されたのは「DOWN BEAT STOMP」。1曲目からステージ上のスカパラメンバーも、集まった観客も全力でライブを楽しんでいる。曲の途中からは雲に遮られていた太陽が顔を出し、デビュー30周年のスカパラと、開局30周年のスペシャと、集まった観客を祝福するかのような強烈な日差しがステージ後方から降り注いでいる。

1曲目から早くも熱狂が生み出された直後、「本日、一組目のゲスト! 2006年に甲本ヒロトさんのために作った曲を4人で歌ってくれます。Official髭男dism!」という谷中の声に呼応するように、観客からは大歓声が沸き上がる。「聡! 楢ちゃん! ちゃんまつ! 大ちゃん!」と谷中が彼らの愛称でステージ上に呼び込み、披露されたのは「星降る夜に」だ。

スカパラとヒゲダン、あまり接点がないようにも思える二組だが、加藤隆志(g)が同じ鳥取出身だという接点から始まり、ヒゲダンのNHKホール公演に足を運んだり、昨年11月には谷中がツアーの移動日に鳥取・米子で個人練習をしようとリハーサルスタジオに入ったところ、偶然にも隣のライブハウスではヒゲダンがライブをしているというミラクルな遭遇があったり、スカパラのデビュー30周年とスペシャの開局30周年を記念して現在放送されている、全8回のレギュラー番組『TOKYO SKA JAM “8”』にOfficial髭男dismのメンバー4人がゲスト出演し、総勢13名で「星降る夜に」をセッションをしたりするなど交流を深めてきた。

スカパラメンバー9人が楽曲を奏で、藤原聡(vo&p)、小笹大輔(g)、楢崎誠(b&sax)、松浦匡希(ds)の4人がマイクリレーをしながら歌い上げていくという、通常のヒゲダンのライブでは見られないであろうスタイルで、楽曲が披露されていく。後奏ではヒゲダンメンバーのなかで唯一楽器を手にしてステージに上がっていた楢崎とスカパラ谷中が、ふたり並んで楽しそうにバリトンサックスを演奏する貴重なシーンも。

ヒゲダンの4人をステージから送り出したあと、「Paradise Has No Border」のイントロが流れ、場内からはさらなる大歓声があがるなか、GAMO(t.sax)が「みんなの熱い声を聴かせてくれ!」と観客をアジテート。サビのメロディーが奏でられるたびに大歓声が沸き起こり、インストナンバーでありながら、ここまで観客を盛り上げられる楽曲はないだろうというくらいの盛り上がりをみせる。

続いてのゲストはASIAN KUNG-FU GENERATIONのGotch。「2014年にいっしょに作った曲を歌ってくれます。久しぶりの合流です」と谷中が呼び込む。スカパラが2013年から2014年にかけてデビュー25周年の新たな挑戦として臨んだ“バンドコラボ3部作”の第3弾でASIAN KUNG-FU GENERATIONとコラボレーションしており、イントロが奏でられるなか、バンドコラボをした際に着用していたスーツを身に纏ったGotchがステージに登場する。もちろん、披露された曲はバンドコラボ第3弾としてリリースされ、谷中とGotchが作詞を共作している「Wake Up!」だ。パフォーマンスするのは数年ぶりでありながら、リハーサルも一切なしの状態で披露されたにも関わらず、骨太なサウンドにGotchの強靭なボーカルが乗って会場中に鳴り響く。スカパラメンバーとGotchを合わせた10人全員が久しぶりの共演を楽しんでいるのが伝わってくるステージだ。谷中が「自分の本番前にありがとうね!」とアジカンとしての本番がある前に出演してくれたGotchに対して、最大級の感謝の想いを伝える。

Gotchの余熱がステージにまだ残っている状態のなか、「次のゲストはもうメンバーのように思っています。10-FEET、TAKUMA!」と10-FEETのTAKUMAがステージに呼び込まれる。コミカルな動きをしながらステージ中央に登場するTAKUMA。今年スカパラが出演してきた数々のフェスで何度となく共演してきたTAKUMAだが、谷中が言うように同じバンドのメンバー感がステージ上からも伝わってくる。

披露されたのは、前述の“バンドコラボ3部作”の第1弾として10-FEETとコラボレーションした「閃光」だ。時おり男性アイドル顔負けの振り付けをしながら歌っていたかと思えば、間奏ではステージ上で撮影していた映像カメラマンからカメラを拝借して、スカパラメンバーや観客を撮影するなど、何でもありのパフォーマンスを繰り広げている。まさに谷中が言う「メンバーのように思っています」という言葉どおりだ。

散々盛り上げてTAKUMAがステージを去ったあと、予期せぬことが起こる。

谷中がおもむろに発した「告知したゲストはここまでです」に対してどよめく観客。「このためにわざわざ来てくれました!  宮本浩次!」と谷中がシャウトすると、大歓声がスカパラと同じエンジ色のスーツを身にまとった宮本浩次を迎え入れる。宮本浩次は3日間開催された『SWEET LOVE SHOWER 2019』のどの日にも出演していないことから、まさに、スカパラのステージに出演するためだけの登場となった。披露されたのは宮本浩次をゲストボーカルに迎えて昨年11月にリリースされた「明日以外すべて燃やせ」。宮本浩次の圧倒的なボーカルが山中湖畔に響き渡る。縦横無尽にステージ上を駆け巡り、スカパラメンバーひとりひとりと対峙するかのように歌い上げ、「みんないい顔してるぜ!」の言葉と大きな投げキッスを観客に放つと、足早にステージを去っていった。

沖祐市(key)がイントロを奏でるなか、加藤(g)が「ありがとう! スカパラ最後の曲になります。みんな踊ってってくれよ!」と大いに盛り上がってくれた観客に感謝の想いを伝えるなか、川上つよし(b)の「ペドラーズ!」の掛け声を合図に、30年前の1989年にリリースされたデビュー作『東京スカパラダイスオーケストラ』の1曲目に収録されている「ペドラーズ」が披露され、夏の終わりの祝祭感満載の濃密すぎるステージが終了となった。

この夏、各地のフェス会場でスカパラに触れて「もっと観たい!」と思った人は、11月から開催されるスカパラの全国ホールツアーにも参戦してみよう。フェス以上の楽しさが待ち受けているに違いない。

PHOTO BY 勝永裕介

<セットリスト>
M1. DOWN BEAT STOMP
M2. 星降る夜に ※Guest:Official髭男dism
M3. Paradise Has No Border
M4. Wake Up! ※Guest:Gotch(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
M5. 閃光 ※Guest:TAKUMA(10-FEET)
M6. 明日以外すべて燃やせ ※Guest:宮本浩次
M7. ペドラーズ

View this post on Instagram

ツアーの移動日に米子で個人練習をしようとスタジオに向かうと、隣りのライブハウスではOfficial髭男dismがライブリハーサル中だった。暫く彼らのリハーサルの漏れ音を聴きながら練習していたんですが、前に、熊本のライブハウスではわざわざ彼らが我々の楽屋に挨拶に来てくれたので、返礼がてら挨拶しに行きました。今度Mステ一緒だよね!って楽しいトークで盛り上がり、ライブも少しだけ見せて貰いました。すんごいね!ほんと素晴らしくてびっくりしました。明るくて音楽的に豊かで美しくて。欲しいものは全てここにあるじゃん!って思いました。アンコールのときにもう一回最初からやって!って言ってるお客さんいたけど、ほんとにその通りだね。何回も繰り返して終わらないで欲しくなるね。藤原くんも小笹くんも楢崎くんも松浦くんもほんとにありがとう。完全に楽しくなっちゃいました。これでまた明日頑張れます!それでは今日発明された合言葉でしめさせて頂きます。『Mステで会おう!』(いつもの声より二音半さがる 笑 ) ライブハウスAZTiC laughsの素晴らしいスタッフの方にはとってもお世話になりました。長時間練習させて頂いてありがとうございました。 #official髭男dism #Mステ #azticlaughs #山陰バンド万歳

A post shared by 谷中敦 [東京スカパラダイスオーケストラ] (@a.yanaka) on

 

リリース情報

2019.08.07 ON SALE
SINGLE「リボン feat. 桜井和寿(Mr.Children)」

東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルサイト
 https://www.tokyoska.net

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC