横浜流星が失くしたのは“粋がっていた自分”!? 映画『いなくなれ、群青』初日舞台挨拶で出演者が自分の“失くしたもの”を告白

横浜流星が失くしたのは“粋がっていた自分”!? 映画『いなくなれ、群青』初日舞台挨拶で出演者が自分の“失くしたもの”を告白

本日9月6日(金)、新宿バルト9にて、映画『いなくなれ、群青』の初日舞台挨拶が開催。キャストの横浜流星、飯豊まりえ、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆、柳 明菜(監督)が登壇した。

イベントでは、まず本作の撮影を始める前に入念な打ち合わせがあったという話題に。横浜は監督、プロデューサーと原作の世界観や言葉をどう表現するのか話し合ったそうで、「実写化をするのにはすごく高い壁だった」と、入念に打ち合わせを行ったことを明かした。

また、本番前には大事なシーンをひと通りリハーサルしたとのこと。横浜は「こんなに入念に準備をして臨めたというのは、すごく心強かったです」と語り、飯豊も「リハーサルができなかったら、今回のように撮れなかったと思います」と何回もリハーサルを重ねたおかげで、自信をもって撮影に臨めたと振り返った。

そんな本作について、監督の柳はリアリティが大事だと思ったそう。「各キャラクターにはかなりの難題を言って、心の底からちゃんと感じて芝居をしてもらう」ことを意識したと、こだわりを語った。

本編での好きなセリフの話では、堀役を演じた矢作が浜辺で真辺(飯豊)と話すシーンを挙げ、そこでの「真辺さんといると、七草くん(横浜)が七草くんじゃなくなってしまう」というセリフを、本当は言いたくなかったと告白。撮影では葛藤したそうで、それゆえに思い出に残っていると話した。さらに松岡は、七草が真辺に言う「正しいことの正しさを信じすぎている」というセリフをチョイス。「日本語の表現の豊かさを感じられるセリフだなと思ったので、僕は好きですね」と紹介してくれた。

イベントでは本作にまつわるトーク以外にも、“自身が失くしたものを見つけなければいけない”という本作の内容にちなんで、出演者が“失くしたもの”を告白するというコーナーも。ここでは、本作にも出てくる電話機が登場し、出演者は受話器を取って“失くしたもの”を告白していった。

中村はこのコーナーで、小さいころに友達から渡してほしいと頼まれた“バレンタインチョコ”を失くしてしまったという、ショッキングな過去を披露。その驚きの内容に観客が静まり返ってしまう事態に。11歳から仕事を始めたという松岡は、若いころから大人の世界を見て失くしてしまった、“十代の笑顔”を取り戻したいと生々しい告白をし、観客を笑わせた。そして、横浜は“粋がっていた自分”と、意外な失くしたものについて言及。かつてはやんちゃで、かっこつけていたとのことだが、「あの頃の自分は、すごく輝いていたなと思う瞬間があった」と話した。

さらに終盤には、「登場人物が、自分の嫌いなところとかも向き合って、肯定して前に進んでいくという物語でもあるので、この作品を観てみなさんが嫌な部分とか、自分のそういう部分も受け入れて、肯定して、少しでも自分を好きになってくれるきっかけになったら嬉しいです」と横浜がメッセージを送り、イベントは終了。

映画『いなくなれ、群青』は、本日9月6日(金)より公開中だ。

フォトギャラリー

 

作品情報

『いなくなれ、群青』
9月6日(金)ロードショー

原作:河野 裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)
監督:柳 明菜 
脚本:高野水登 
音楽:神前 暁 
主題歌:Salyu「僕らの出会った場所」/主題歌プロデューサー:小林武史

出演:横浜流星 飯豊まりえ
矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆
伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗/黒羽麻璃央

製作:勝股英夫 清水武善 堀内大示 中野伸二 稲葉貢一 川城和実 鈴木孝明  
エグゼクティブプロディーサー:寺島ヨシキ
企画/プロデュース:菅原大樹 
プロデューサー:浦野大輔 
協力プロデューサー:禱 映 

撮影監督:安藤広樹 
照明:太田宏幸 
録音/音響効果:丹 雄二 
美術:宮守由衣
装飾:森 公美 
ヘアメイク:長谷阪絵美 石崎加奈枝 
スタイリスト:中島エリカ 
衣装:高橋美咲 
編集:難波智佳子 
VFXスーパーバイザー:米田貴充
助監督:小泉宗仁
制作担当:矢島沙織 
企画協力:新潮社 
制作プロダクション:ノアド 
配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ

オフィシャルサイト
http://inakunare-gunjo.com/

オフィシャルTwitter
@InakunareG

オフィシャルInstagram
@inakunare_gunjo

©河野裕/新潮社 ©2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

原作小説『いなくなれ、群青』