又吉直樹、川谷絵音、池田エライザらが映画『人間失格』を絶賛! 小栗 旬の初解禁場面写真も到着

又吉直樹、川谷絵音、池田エライザらが映画『人間失格』を絶賛! 小栗 旬の初解禁場面写真も到着

9月13日(金)より公開される、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を一足先に鑑賞した各界の著名人から続々と絶賛コメントが到着している。

太宰が死の直前に完成させた『人間失格』は、累計1200万部以上を売り上げ歴代ベストセラーのトップを争う、“世界で最も売れている日本の小説”。本作では、その小説よりもドラマチックだった“誕生秘話”を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化。世界屈指の写真家・トップクリエイターである蜷川実花が監督を務め、構想に7年を費やし、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を大胆に描く。

主人公の太宰 治を演じるのは、小栗 旬。大幅な減量を敢行しながら、究極のダメ男でモテ男、才気と色気にあふれた最高にセクシーでチャーミングな、かつてない太宰像を創りあげた。


また、太宰の正妻・美知子に宮沢りえ。作家志望の愛人・静子に沢尻エリカ。最後の女・富栄に二階堂ふみ。太宰と女たちを取り巻く男性陣にも、成田 凌、千葉雄大、瀬戸康史、高良健吾、藤原竜也ら超豪華キャストが出演する。

コメント一覧(順不同)

又吉直樹(芸人・作家)
太宰を好きな人には、それぞれの解釈や太宰像があるので、それを描くのは難しい。
この作品は、その中でも、特に描きづらい太宰自身の晩年を描いている。それは勇気も覚悟も必要だが、そこに正面から挑戦したということが、本当に素晴らしい。
最後は小栗旬さんという俳優が、太宰に見えてきた。

川谷絵音(アーティスト)
最初から最後までずっと美しい映画でした。重いのに重くない絶妙な塩梅で描かれた太宰はすごく魅力的だったし、終わった瞬間に僕の頭に浮かんだ言葉は「凄いものを見た。」でした。今の時代だからこそ見て欲しい。全員に見て欲しい。

古市憲寿(社会学者)
「人間」太宰の隣には、とんでもない女性たちがいた。
傍若無人で自分勝手な男の映画ではなく、時代に収まり切らない強くて奔放な女性たちの物語でした。
怖くて、はかない。

池田エライザ(女優)
何かに執着することが美しいことは知っていたけれど、執着の果てすら美しいことは知らなかった。感情は喜怒哀楽だけではないことを、そしてその間に垣間見える感情こそ人間らしさであることを私達は胸に頭に刻んでおくべきだ。

村上 龍(作家)
太宰の小説はおそらく永遠に読み継がれる。この映画は、そのわけを秘やかに示す。

宋美玄(産婦人科医・医学博士)
太宰治のクズっぷりが余すところなく描かれていて驚嘆。こういうハッピーエンドもあるのかと新鮮でした。

木村綾子(作家、太宰治研究)
しっかりとダメであるのになぜか憎めず、命懸けで生きる者の悲しみとおかしみ、シリアスな状況に置かれた自分を自分で笑ってしまう太宰治の本領が見事に描かれていた。
こんな太宰に、「人間」に、私はずっと会いたかったんだ!

中田敦彦(芸人)
こんな太宰を待っていた。最低な奴なのに最高に天才で、女も男も彼に心を奪われる。トラウマ級に鮮烈な、超絶名シーンの猛ラッシュ。全国民、観なきゃ人間失格!

前田裕二(SHOWROOM株式会社 代表取締役社長) 
人間に、失格などない。『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見て、強烈に、そう思わされた。
「人間失格」と自らに向けて言い放って朽ちた太宰こそ、むしろ誰よりも生々しく”人間”というものを生き切って全うした、愛すべき尊い人物なのではないか。正しい 、正しくないという模範的価値観を超えて、この映画があらゆる人々の孤独に、そして、本人以外が誰も理解し得ぬようなあらゆる深い闇に、そっと寄り添いますように。

上野千鶴子(社会学者)
女に消費され尽くした男…蜷川実花のダザイオサムは、女たちのファンタジーをどこまでも呑み込む、ブラックホールの光源氏だ。

田原総一朗(ジャーナリスト)
斬新で、華麗で、迫力のある画像展開に、まず引き込まれた。女性たちの求めにこたえて矛盾を承知で背徳を続け、地獄への道を突き進んで、そのことを小説に書く。そんな背徳のロマンを見事に描き出している。

田根剛(建築家)
己が人生をさらけ出し、ただ「創る者」としてあの時代を生き抜く太宰の生き様に突きつけられた。僕たちは、あんな風に日々、幸せを求め、怒鳴り合い、苦しみ抜き、それでも生きることに真剣に向き合えているのだろうか。実花さん、すごい映画を創ってくれましたね。

箭内道彦(クリエイティブディレクター)
太宰治が開けた映画監督蜷川実花第二章の幕。凄まじい作品。

朝霧カフカ(シナリオライター/「文豪ストレイドッグス」原作担当)
すごい。ただすごい。本当に太宰がいる。ルパンで太宰が座っていて、グラスを片手に語っている。
目にみえる太宰の表情、目にみえない太宰の精神。すべてがここにある。これが太宰だ。永遠に目が離せない。

【STORY】
天才作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが…。

作品情報

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』
9月13日(金)ロードショー

監督:蜷川実花
主演:小栗 旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ 成田 凌/千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾/藤原竜也
脚本:早船歌江子  
主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ「カナリア鳴く空feat.チバユウスケ」
製作:『人間失格』製作委員会
企画:松竹
配給:松竹、アスミック・エース
R-15
© 2019 『人間失格』製作委員会

オフィシャルサイト
http://ningenshikkaku-movie.com/

『人間失格』原作