「ドラマより感動する」と驚異の124万再生超え! 怪我から4年ぶりメジャー昇格の選手に対するチームメイトの反応に世界中が涙

「ドラマより感動する」と驚異の124万再生超え!  怪我から4年ぶりメジャー昇格の選手に対するチームメイトの反応に世界中が涙

世界中の野球ファンが涙した。MLBで起きた、奇跡の復活劇を記録した動画の投稿が現在SNS上で大きな話題となっている。話題となっているのは、ワシントン・ナショナルズの傘下チームハリスバーグ・セネターズが投稿した1本の動画。2014年にメジャーデビューを果たしたピッチャー、アーロン・バレットを映したものだ。

2016年、リハビリ中に右腕を骨折した後に、マイナーリーグを主戦場に戦っていた、いわば苦労人のバレット。動画では、一足先にシーズンが終わったマイナーのグラウンドで、監督がバレットに向かい、これまでの労をねぎらい、何やら涙を我慢している様子がうかがえる。次の瞬間、パーカーのポケットからボールを取り出し「おめでとう、メジャー昇格だ」とバレットにボールを渡しながら告げたのだ。この報告に、バレットは涙。これまでの彼の苦労をしっていたチームメイトは、全員大興奮して、バレットを囲み喜びを表現したのだ。

この、感動的な動画がSNSで公開されると、野球ファンを中心に、これまで124万再生を超える大拡散をみせている。コメント欄には「誰だよ…玉ねぎを切っているやつは」「涙が止まらない」「ずっとこの動画を見続けちゃうよ」と、感動の声が殺到しているのだ。

こうして、4年ぶりのメジャーに復帰したバレットは、7日の試合で早速リリーフ登板を果たす。先頭バッターに四球を与えたものの、その後は落ち着いて後続を断ち見事1回を無失点に抑え、球場のファンに復活をアピールしてみせたバレット。

登板を終え、ダグアウトに戻る途中、感極まったのかユニフォームで涙を拭うバレット。ベンチでもタオルで顔を覆っている彼に、チームメイトが激励と言わんばかりにタオルを掛け肩を抱く姿が、MLB公式SNSで公開されこちらにも感動の声が多数集まっている。

1495日という、長いリハビリを乗り越えてメジャーの舞台に復帰したバレット。現在、ナ・リーグ東地区で2位につけるチームをワールドシリーズに導くことができるのか。怪我を乗り越えた苦労人の反撃に、大きな期待が集まる。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO