高橋留美子×野田サトルの対談が実現! 最新作『MAO』1巻&『ゴールデンカムイ』19巻の発売記念

高橋留美子×野田サトルの対談が実現! 最新作『MAO』1巻&『ゴールデンカムイ』19巻の発売記念

『MAO』の作者・高橋留美子と『ゴールデンカムイ』の作者・野田サトルという人気漫画家2人の初対談が実現。9月11日(水)発売の『週刊少年サンデー41号』(小学館)に前編、9月19日(木)発売の『ヤングジャンプ42号』(集英社)に後編が掲載される。

この対談は、高橋の最新作『MAO』1巻、野田の『ゴールデンカムイ』19巻が発売されることを記念して実施。“明治”と“大正”という近しい時代を描く2人が、互いの創作論や作品の魅力について熱く語る。高橋が「ネーム中は魚を食べるようにしている」という意外なジンクスを披露する一面も。さらに、誌面では2人のコラボ直筆サイン色紙のプレゼント企画も実施される(各誌1名ずつ)。

また、漫画アプリ“サンデーうぇぶり”では、当対談の完全版を掲載。9月18日(水)から前編、9月25日(水)から後編を公開する。 惜しくも本誌に掲載しきれなかった内容も完全収録。そして、うぇぶり限定で『うる星やつら』『境界のRINNE(リンネ)』『らんま1/2』の1~10巻が無料で読めるキャンペーンも実施される(9月18日(水)~10月1日(火))。

以下、本誌で掲載できなかった対談の一部を掲載する。

【『ゴールデンカムイ』の取材について】
高橋:食べるシーンも本当に美味しそうなんですが、食べたりとかお料理の取材の方はいかがですか?

野田:この間、樺太に。サハリンから寝台車でずっと北上していって。ニヴフっていう人たちが作る料理を食べさせてもらったり。とにかく色んなもの食べてきました。ロシア人はラードの塊を食べるんですよ。

高橋:北の方だと、アザラシとかですか?

野田:食べるのはブタですかね。アザラシの油を食べるのはニヴフみたいな少数民族ですね。彼らにとっての調味料です。日本人でいうと醤油みたいな感覚でアザラシの油を常備していて。今は都会に住んでいる人も多いみたいなんですけど、都会のニヴフたちは海で漁をやってる親戚とかから取り寄せたりしてるそうです。

高橋:へー、それはやっぱり寒いので、油を摂らないとっていうことなんですかね。

野田:どうなんですかね、昔はそうだったのかもしれないですね。

高橋:じつは、吾妻ひでお先生の『失踪日記』読んでたら、その天ぷら油をね、飲むというシーンがありまして、そういうことなのかなと。

野田:阿寒湖のアイヌの人たちには、サメの油を食べさせてもらいました。サメの油を調味料みたいにして、かけたりして食べたんですよ。

高橋:美味しかったですか?

野田:若干クセがありますね。食べ慣れない味で、独特な調味料っていうか……。

【高橋留美子 連載と連載の間の過ごし方】
野田:長期連載と長期連載の間ってどうされてるんですか?

高橋:今回が一番長くて1年5カ月くらい。その間、新連載の打ち合わせも野球と時事ネタばっかりで……。3歩進んで2歩戻るみたいな。

野田:なるほど。その間、旅行とか行ったりしなかったんですか?

高橋:旅行は行かなかったですけど、食事はやたら行きましたね。休みはデビューしてから今回が一番長かったです。一番忙しい時は『うる星やつら』と『めぞん一刻』を同時期に連載していたので……。なんか気づいたら「スピリッツ」が週刊誌になっちゃってて……。

野田:凄いです。そんなこと聞いたことないですね。

高橋:でも昔の人はもっと凄かったですからね、水島新司先生は5誌同時連載とかなさってましたから。

野田:できないです。

高橋:『ゴールデンカムイ』情報量すごいですしね。普段、どうされてるんですか?

野田:とにかく資料を読み込む。ずっと読んでます。トイレにも山積みだし。好きな映画も観る暇もないくらい。

高橋:映画はどういうものをご覧になるんですか?

野田:くだらないものから、ちゃんとしたものまで。面白いと言われたものは観るようにしてます。基本海外のものが多いですけど、ただ映画館とかまで観に行く暇はないですね……。

高橋:私も徒歩15分のところにシネコンがあるんですが……なかなかちょっと。シネコンができる前は、都心に出かけて日に5本とか観ていたんですけど。今は行こうと思えばすぐ行けるにも関わらず……。

書籍情報

『MAO』コミックス第1巻
9月18日(水)発売
少年サンデーコミックス
定価:本体454円+税

『ゴールデンカムイ』コミックス第19巻
9月19日(木)発売
ヤングジャンプコミックス
定価:本体790円+税