飯豊まりえ「幸せな時間」。本日最終回のドラマ『サイン』撮了で涙

飯豊まりえ「幸せな時間」。本日最終回のドラマ『サイン』撮了で涙

大森南朋主演の連続ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系/木曜午後9時)がクランクアップを迎え、本日9月12日(木)に最終回が放送となる。

今作は韓国で2011年に放送された人気法医学サスペンス『サイン』のリメークドラマ。死因究明に特化した「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を舞台に、遺体の声無き声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な事実を隠蔽する巨大権力に立ち向かっていく姿が描かれる。

大森のバディ役となる新人解剖医・中園景を演じた飯豊まりえは

「大森南朋さんのバディになれて本当に幸せな時間でした。。」

と感慨深いツイートを投稿。

今年に入ってからドラマ出演7本・映画公開が6本など、乗りに乗っている飯豊だが、『サイン』で初めて本格的な医師役に挑戦。クランクアップ時には涙を見せる一幕もあった。

なお、最終回は15分拡大スペシャルで放送される。

【最終話あらすじ】
警視庁捜査⼀課の管理官・和泉千聖(松雪泰⼦)とその部下・⾼橋紀理⼈(⾼杉真宙)は、次期総裁候補の娘・島崎楓(森川 葵)が国⺠的⼈気歌⼿・北⾒永⼠(横⼭ 涼)を窒息死させるために使ったと思われる“⻘いぬいぐるみ”を押収。照合検査のために、新⼈解剖医・中園景(飯豊まりえ)は北⾒の喉から⾒つかった“⻘い繊維”を持って、解剖医・柚⽊貴志(⼤森南朋)らが待つ「⽇本法医学研究院」へと急⾏する。だが、景は“⻘い繊維”を柚⽊らに⼿渡すと、なぜか検査が始まるのを待たず部屋の外へ。その様⼦が気になった柚⽊は、彼⼥の後を追うが…。
そんな中、あろうことか想定外の検査結果が出る。ぬいぐるみの繊維と“⻘い繊維”は「⼀致しなかった」というのだ! 真実を証明する最後の⼿⽴てを失い、苛⽴ちを隠せない柚⽊…。ちょうどその頃、「⽇本法医学研究院」の院⻑・伊達明義(仲村トオル)のもとには、意外な⼈物がやって来て…!?
真犯⼈である楓を追い詰めようとするたび、権⼒によって次々と閉ざされていく真実追及への扉。それでも諦められず、事件当⽇の監視カメラ映像を再度チェックした柚⽊は“ある異変”を⾒抜き、そこに“真実”が隠されていると確信する。ところが、権⼒側は⼀枚も⼆枚も上⼿で…!?
やがて柚⽊は何が何でも“真実”を明らかにするため、ある⽅法で楓の罪を暴く“真実のサイン”を⼿に⼊れようと思いつく。それは想像を絶する結末を伴う、まさに“決死の勝負”だった――。

番組情報

木曜ドラマ『サイン―法医学者 柚⽊貴志の事件―』
毎週木曜よる9:00~9:54
製作著作:テレビ朝日
原作:「サイン」©SBS/脚本:キム・ウニ、チャン・ハンジュン
脚本:⽻原⼤介、⾹坂隆史
エグゼクティブプロデューサー:内⼭聖⼦
プロデューサー:飯⽥ 爽、下⼭ 潤
演出:七髙 剛、⼭本大輔
制作協⼒:トータルメディアコミュニケーション

出演者
柚木貴志:大森南朋
和泉千聖:松雪泰子
中園 景:飯豊まりえ
高橋紀理人:高杉真宙
伊達明義:仲村トオル
ほか

オフィシャルサイト
https://www.tv-asahi.co.jp/sign/