音楽家・細野晴臣デビュー50 周年記念展「細野観光」の見どころとなる展示情報が解禁! 貴重な資料、楽器が目白押し

音楽家・細野晴臣デビュー50 周年記念展「細野観光」の見どころとなる展示情報が解禁! 貴重な資料、楽器が目白押し

10月4日(金)より六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーにて開催される、世代を超えた国民的音楽家・細野晴臣のデビュー50 周年を記念した展覧会「細野観光 1969 – 2019」。この度、本展の見どころとなる展示の情報が公開された。

本展では、「細野晴臣デビュー50周年企画〈細野さんに会いに行く〉」プロジェクトの一環として、細野の音楽家としての一面はもちろん、映画やアート・落語・漫画など、多様な関心事を貴重な展示品とともに紹介。細野のデビュー50年の軌跡を、年代ごとに追った壮大なビジュアル年表や、年代ごとに括った5つの展示構成の中をまるで「観光」するように巡ることができる。

それぞれの時代で起きた現象や歴史、そして文化などに細野がどのように直面し、どのような音楽や世界観を描いてきたのかを、楽器コレクション、音楽ノート、インタビュー集、ブックコレクションなど、様々な展示品を通して体験が可能。東京シティビューから東京の街を見渡しながら、細野の世界をゆったりと旅することができる。

展覧会エントランスのイメージ

「細野観光」見どころ
1、観光地のようなエントランス
本展のタイトル通り、観光地の商店街のようなゲートより、入場客を「細野観光」へと招待。観光地にあるような、1976年に発表したアルバム『泰安洋行』をモチーフとした顔ハメ看板や、提灯など、観光地らしい雰囲気や正月特番『細野晴臣イエローマジックショー』のテレビセットなどもあわせて展示し、展覧会がスタートする。

また、エントランスにそびえる、細野使用のギター8本を積み上げた全長約6メートルにもなる「ギタータワー」は、東京タワーを中心とした東京の真ん中の景色を背景にしており、2つのタワーの奇跡の競演を写真に収めることができる。

ネオンが鮮やかなゲートサインイメージ

2、約85メートルのビジュアル年表
エントランスから続く、細野のデビュー50年の軌跡を年代ごとに追った壮大なビジュアル年表は、なんと約85メートル。バンド、ユニット、ソロ、楽曲提供、プロデュース、映画音楽などといった細野の活動の変遷を5つの年代で括り、その年代を代表する楽曲やライブ映像とともに、レコードジャケット、CDジャケット、ポスター、写真などを展示。その年代の風を感じることができる。

ビジュアル年表イメージ

3、細野の思い出が詰まった珠玉のギター20本
ベーシストやキーボーディストのイメージが強いが、ギター、ピアノ、ドラムス、三味線など、マルチに演奏ができる点からも、多彩な音楽変遷が垣間見える細野。特に、幼少期からアメリカのポップスやロックに憧憬を抱いていたこともあり、所持するギターは数だけではなく、海外で購入した貴重なもの、仕事仲間から譲り受けたものまで多種多様だ。

本展では5つの展示構成に合わせ、ギターにまつわるエピソードや使用楽曲などの解説とともに、特に細野氏の思い入れの強いギター計20本を展示。もちろんギター以外のベースやキーボード、シンセサイザーなどの楽器コレクションも展示予定。

4、数々の名曲を生み出したスタジオの雰囲気をそのままに
本展には、こだわりの楽器コレクションも! 細野のスタジオには楽器、パソコン、スピーカーなどの楽曲制作に関わる機材だけではなく、自身が集めてきた玩具や日用品も多数飾られている。これらは、楽器でないものにまで「音」を見出し、あらゆる「音」に敬意を表してきた細野の楽器コレクションの一部だ。本展では、細野が世界中で集めてきた民族楽器などもあわせて、数々の名曲を生み出したスタジオを再現している。

6、インスピレーションの源と唯一無二の言葉たちで細野の脳内を巡る
音楽史やミュージシャンのリストや相関図、活動のためのインスピレーション・ソースなど、細野の脳内が垣間見られるアイデアノートの展示は、26メートルにもおよび圧巻。そして音楽に限らず、美術書、写真集、漫画、古典名著、旅行書など、細野の関心の拡がりや変遷を辿るブックコレクションも展示。そのほか、自著や対談、インタビュー集などで残してきた約70の珠玉の言葉を展示し、各時代での空気感を感じながら、細野の音楽に対する向き合い方や思いなどを見ることができる。

イベント情報

 細野晴臣デビュー50 周年記念展「細野観光 1969-2019」
会期:10月4日(金)~11月4日(月・休)
開館時間:10:00-22:00(最終入場 21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー
(六本木ヒルズ森タワー 52階)
主催:森アーツセンター、朝日新聞社
入場料:一般 1,800円/高校生・大学生 1,200円/4歳~中学生 600円/シニア(65歳以上) 1,500円
※展望台、森美術館入館料を含む。
オフィシャルサイト:近日公開予定
※その他の詳細情報は、8 月下旬頃に公開予定。

【展示内容】
・1969~1973|憧憬の音楽
デビューバンドのエイプリル・フールから、はっぴいえんどのアルバム・デビュー~ラスト・ライブまでを紹介。

・1974~1978|楽園の音楽
1stソロアルバム『HOSONO HOUSE』リリースから、トロピカル三部作と称される3枚のソロアルバム発表までを紹介。また、同時期のキャラメル・ママ~ティン・パン・アレーでの活動も紹介。

・1979~1983|東京の音楽
イエロー・マジック・オーケストラ結成から散開まで。また、この頃から開始したプロデューサー、作曲家としての活動を紹介。

・1984~2004|彼岸の音楽
1984~89年にかけてのワールドミュージックに刺激を受けた音楽制作、1990年以降のミニマルなアンビエント・ミュージック、20世紀の音楽をテーマにした96年のスウィング・スロー、90年代末頃に高橋幸宏と結成したスケッチ・ショウで辿り着いたエレクトロニカ時代を紹介。

・2005~現在|記憶の音楽
2005年のハイドパーク・ミュージック・フェスティバルを機に活発化した自らヴォーカルを取るライブ活動等から、記憶に埋もれた良い音楽を後世に残していきたいという気持ちが大きくなった、2011年の震災以降の活動を紹介。

細野晴臣オフィシャルサイト
http://hosonoharuomi.jp/