全露No.1ヒット戦車映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が人気ゲーム『War Thunder』とコラボ

全露No.1ヒット戦車映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が人気ゲーム『War Thunder』とコラボ

10月25日(金)より公開される、全露No.1メガヒットを記録した戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』。この度、全世界5600万人がプレイする大人気ゲーム『War Thunder』(DMM GAMES)と、本作のコラボが決定した。

「第67回アカデミー賞」外国語映画賞受賞『太陽に灼かれて』の監督ニキータ・ミハルコフが製作し、本国ではロシア映画史上最高のオープニング成績を記録した本作は、戦車が繰り広げる片輪走行にドリフト、弾が炸裂する超絶映像など、『バーフバリ 王の凱旋』のVFXを手がけたFilm Direction FXを筆頭に、ロシア最先端の映像技術を結集。第二次大戦下のナチス収容所を舞台に、主人公のイヴシュキンを含むたった4人のソ連兵捕虜が、ナチスの軍勢に立ち向かう。登場するソ連軍の“T-34”はすべて本物の機体を使用し、役者自らが操縦する超本格派作品だ。

そして『War Thunder』は、第二次世界大戦から現代まで、7カ国1,000種類以上の戦車や航空機に艦艇などが一つのゲームでバトルを繰り広げる、PC、プレイステーション4でクロスプラットフォーム展開中のオンラインゲーム。防衛省・自衛隊にも取材を重ねる徹底追求したリアルへのこだわりで、忠実に再現された兵器がリアルなシミュレーションで再現されている。

今回のコラボでは、映画劇中仕様の戦車塗装(スキン)がゲームに登場予定のほか、映画宣伝チーム主催のマッチをオンライン上で開催。参加者には抽選で映画オリジナルグッズがもらえる。また、今回のコラボを記念して、特別コラボ映像も解禁。『War Thunder』のゲーム映像と『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』の実写映像がシンクロし、ゲームが本物になったかのような錯覚を受ける映像となっている。

※コラボの詳細は映画オフィシャルTwitter、ゲームオフィシャルTwitterをチェック。
『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』オフィシャルTwitter
@T34movie
『War Thunder』オフィシャルTwitter
@WarThunderJP

【STORY】
第二次大戦下、ソ連の新米士官イヴシュキンは初めて出撃した前線で惜しくも戦いに敗れ、ナチス・ドイツ軍の捕虜となってしまう。戦車の指揮官であることがわかると、収容所で行われているナチスの戦車戦演習のため、ソ連の最強戦車T-34を操縦することを命令される。イヴシュキンは、同じく捕虜になった仲間たちと隊を組み、T-34の整備と演習への準備期間が与えられた。しかし、その演習では弾を装備することは許されず、ひたすらナチスの戦車軍から逃げ惑うことしかできない。命令に背いても、演習に出撃しても必ず死が待っているのだ。しかし、男は仲間のため、そして収容所で出会った愛する人のため、あまりにも無謀な脱出計画を実行に移す。たった4人の捕虜が、ナチスの軍勢に立ち向かう。果たして、決死の作戦は成功するのか―!?

作品情報

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』
10月25日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

監督・脚本:アレクセイ・シドロフ
製作:ニキータ・ミハルコフ、ルベン・ディシュディシャン、アントン・ズラトポリスキイほか
出演:アレクサンドル・ペトロフ、イリーナ・スタルシェンバウム、ヴィンツェンツ・キーファー、ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ、アントン・ボグダノフほか
配給:ツイン
© Mars Media Entertainment, Amedia, Russia One, Trite Studio 2018

オフィシャルサイトT-34.JP