過去最高のページボリュームで田中 圭の内面に迫る。妻そして亡き母と妹など他では語られないエピソードも

過去最高のページボリュームで田中 圭の内面に迫る。妻そして亡き母と妹など他では語られないエピソードも

田中 圭のグラビア&インタビューが、9月24日(火)発売の『アエラスタイルマガジンvol.44』にて、同誌において過去最高のページボリュームで掲載される。

本誌では、妻、そして亡くなった母と妹のことなど、他では語られないエピソードをたっぷりと披露。映画版『おっさんずラブ』をはじめ、いつも話題に事欠かない俳優の田中の内面に迫る内容となっている。

(大好きな海にまつわるエピソードをたずねて…)
〝田中、大さん橋に行きがち〞というのはありますね。大さん橋から見る夜の海がいい。距離的にもドライブにちょうどいいし、あの形が好き――。

(学生時代の“恋バナ”について…)
モテてないってことはないと思いますけど、よくわからない。高校3年間、ずっとひとりの人とお付き合いしていたので――。

(昨年他界した母親について…)
僕に対する愛情が強すぎて、やたら干渉してくる母親だったんです。勝手に携帯を見たりするんで、まあケンカになりますよね。僕が5歳のときに、(田中の)妹を病気で亡くしたんで、余計に大事にされていたのだと思う――。

(弱音を吐いたとき、妻は…)
嫁はいつも励ましてくれる。あいつは変わってるんですよね、何事にも動じないというか、人に何を言われても気にしない。自分が信じるものだけ信じる。かといって他人の意見を聞かずに一直線になるわけじゃないから、本当に弱ったときは相談しやすくて――。

9月24日(火)発売アエラスタイルマガジンvol.44誌面より発言の一部を抜粋

書籍情報

『アエラスタイルマガジンvol.44』2019年秋号
9月24日(火)発売

・「令和」のワードローブ、その正解。
新しい仕事着/週末は「大人ニット」で/名門ブランドからの新提案
・価値ある仕事鞄。  
・北村匠海、夜更けに丸の内で。