朝ドラ『なつぞら』なつの母親役で、第49作『ええにょぼ』ヒロイン・戸田菜穂が登場!

朝ドラ『なつぞら』なつの母親役で、第49作『ええにょぼ』ヒロイン・戸田菜穂が登場!

本日、9月17日(火)放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』第146話に、なつ(広瀬すず)の母役として戸田菜穂が登場した。

第9週(5月27日~6月1日)の第54話で、なつと再会を果たした咲太郎(岡田将生)が言っていた「親父の天丼の味が忘れられない」というのは勘違いで、千遥(清原果耶)の天丼を作る姿から、実は母が作っていてくれたことをなつが思い出すというワンシーンでの登場だった。

戸田は、1993年(平成5年)4月~10月に放送された第49作『ええにょぼ』のヒロイン。結婚と仕事の両立に悩みながらも医師としての成長を描いた作品だった。

戸田菜穂からコメントが届いた。

なつの母役・戸田菜穂コメント

一視聴者として『なつぞら』を見ていたので、今回の出演のお話しをいただいた時は、「私がなっちゃんの本当のお母さんなんだ!」と、不思議な気持ちになりました。
劇中では、なつ達に会うことは叶いませんでしたが、撮影の合間に広瀬さんや、清原さんたちが会いにきてくれて嬉しかったです!
それぞれの人生を生きてきた3人と家族みんなで仲良く暮らしていた頃のあたたかい雰囲気が出ればと撮影に臨みました。
私がヒロインを務めた『ええにょぼ』は大阪局制作だったので、今でも大阪局に行くたび「ただいま!」という気持ちになるのですが、きっと広瀬さんにとっては、東京のスタジオがふるさとのような存在になるのだろうと思います。
これからも、連続テレビ小説は見て下さる方にとって、私も頑張ろう!と思える朝日のような存在であり続けて欲しいです!

100作目となる『なつぞら』には、歴代ヒロインが続々と登場し話題となっているが、戸田の登場も物語の終盤に、それもなつの母親役という大役で登場、すでにSNSでも視聴者が反応している。

千遥と再会を果たしたなつの物語もいよいよクライマックス。なつの開拓者精神を最後まで見届けよう。

2019年度前期
連続テレビ小説『なつぞら』

連続テレビ小説『なつぞら』

放送(全156回):
【総合】[月~土]午前8時~8時15分/午後0時45分~1時(再)
【BSプレミアム】
[月~土]午前7時30分~7時45分/午後11時30分~11時45分(再)
[土]午前9時30分~11時(1週間分)
【ダイジェスト放送】
「なつぞら一週間」(20分) 【総合】[日]午前11時~11時20分
「5分で『なつぞら』」 【総合】[日]午前5時45分~5時50分/午後5時55分~6時

作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也、田中健二ほか

オフィシャルサイト
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/
Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK