綾野剛の衣装イメージはくまモン!? 映画『楽園』、熊本で舞台挨拶

綾野剛の衣装イメージはくまモン!?  映画『楽園』、熊本で舞台挨拶

本日9月14日(土) にTOHOシネマズ 熊本サクラマチがオープンすることを記念し、昨日映画『楽園』の試写会が実施され、本作の主演・綾野 剛、共演の杉咲 花が舞台挨拶を行った。

約一週間程度の募集期間に応募は6,000件を超え、満席御礼の会場は熱気にあふれる観客でいっぱい。

「初熊本」という綾野は“くまモン”をイメージしたという黒基調に赤を取り入れた衣装で登場。熊本空港に降り立ったら、前の便に乗っていた行定監督が、綾野さんらが来ることを知って待っていてくださったという驚きのエピソードから熊本キャンペーンがスタートしたと語った。取材と移動で熊本を堪能できていないが、熊本名産のお菓子を食べたと杉咲さんも話し、アットホームな雰囲気でTOHOシネマズ熊本サクラマチ初めての舞台挨拶はスタートした。

あるY字路で起きた事件の容疑者として追いつめられていく主人公・豪士(たけし)を演じた綾野。どのような役作りをしたのかについて、「Y字路というその土地が持つ雰囲気、まずはそれを体感することがこの役にとっては重要。直に感じることに意識を払った」と語った。

Y字路で消息を絶った少女と直前まで一緒だった親友で、心に深い傷を抱える少女・紡(つむぎ)を演じた杉咲は、「Y字路での経験がトラウマになっている少女なので、撮影に入る前にY字路の写真を毎日見るようにしていました。でも現場に行って出てくる思いや感情を大切にしたいと思って撮影に臨みました」と語った。

豪士と紡のふたりは互いの不遇に共感していくが、撮影にあたって綾野・杉咲おふたりの関係性で気を付けたことがあるかという質問に「生きるとは、選択の連続。でも選択することを許されないふたりが共通して抱える疎外感、閉塞感が共鳴し合った。体温を感じ合ったということなんだと思う。本番という声がかかって、カットという声がかかる。そこは集中するが、あとはスイッチをオフにして切り替えます」と綾野さんは振り返りました。

杉咲さんは「自分と一緒だって感じ取ったのでしょう。豪士と紡の間に流れる空気があり、それがとても居心地がよかった。撮影現場での綾野さんはとても気さくであたたかく話しかけてくれるんです。撮休にご飯に誘ってくれたりしましたし、撮影期間中に迎えた誕生日にはふたつもプレゼントをくださいました」と語りました。

さらに杉咲は役作りについて、「事前に考えるというよりはその場で出てくる思いや感情を大切にしていました」と語ったうえで「紡として豪士の前に出ると自然に湧き出るものがある。自分でコントロールしようと思ってもできなかった。本番という声がかかった瞬間、頭が真っ白になるということがあって。こんなことは初めての経験でした」と吐露した。

これから映画を鑑賞されるお客様に向けて、「真新しい映画館で、記念すべきハレの日に皆さんの前でご挨拶することができてうれしいです。皆さんがどう受け止めてくださるかドキドキします。ぜひこの大きなスクリーンで映画の力を感じてほしい」と杉咲さんが話すと、綾野さんは「この映画をみなさんに託したいんです。それぞれの答えが見つかるはずだと思っています。ぜひそれを持って帰って欲しい」と熱く力強く観客に言葉を投げかけた。

綾野が挨拶中、突然客席の一点に目を向け「瀬々さん!?」と声をあげ、一瞬会場の空気がざわついた一幕も。監督によく似ているお客様に、「監督が観に来ているのかと思った」との話し会場でも笑いが起きた。

熊本エピソードや人違いエピソードでは大きな笑いが起きるという、短い時間ながらも、和やかで穏やかな雰囲気に包まれた。映画『楽園』の熊本舞台挨拶、そしてTOHOシネマズ熊本サクラマチにとって初となる映画の舞台挨拶は大盛況で幕を閉じた。

【STORY】
ある地方都市で起きた少女失踪事件。家族と周辺住民に深い影を落とした出来事をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、過去に受けた心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたり。だが、事件から12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して事態は急変する。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎は、亡くした妻の忘れ形見である愛犬と穏やかな日々を過ごしていた。だが、ある行き違いから周辺住民といさかいとなり、孤独を深める次第に正気は失われ、誰もが想像つかなかった事件に発展する。2つの事件、3つの運命、粗衣の陰に隠される真実とはー。“楽園”を求め、戻ることができない道を進んだ

作品情報

映画『楽園』
10月18日(金)公開

出演
綾野 剛/杉咲 花

村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本 明

佐藤浩市

主題歌:上白石萌音「一縷」(ユニバーサルJ
作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)  
監督・脚本:瀬々敬久

© 2019「楽園」製作委員会 
配給:
KADOKAWA 

オフィシャルサイト
https://rakuen-movie.jp/

オフィシャルTwitter
@rakuen_movie