映画『ジョジョ・ラビット』が「トロント国際映画祭」観客賞受賞! ワイティティ監督とFOXサーチライト会長のコメント到着

映画『ジョジョ・ラビット』が「トロント国際映画祭」観客賞受賞! ワイティティ監督とFOXサーチライト会長のコメント到着

2020年1月より公開される、タイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』が、「第44回トロント国際映画祭」の最高賞となる観客賞を受賞。併せて、ワイティティ監督とFOXサーチライト会長のコメントが到着した。

本作は、第二次世界大戦下のドイツを舞台に、戦争に対しての笑いによる風刺と、ハートフルなコメディの形をとりながら戦時下における人々の生きる喜びを正面から描いたヒューマン・エンターテイメント。アドルフ・ヒトラーをワイティティ監督自身が演じ、スカーレット・ヨハンソンやサム・ロックウェルという実力派人気俳優たちが出演している。マスコミ陣や映画ファンから注目されている中、熱狂的に迎えられた「トロント国際映画祭」のワールドプレミアでアカデミー賞への最短距離といわれる観客賞を獲得し、今季の賞レース戦線に一直線となった。

そして、注目の的となっているのが、本作が初主演作でありながらも、主人公のジョジョを演じたローマン・グリフィン・デイビス。愛くるしいルックスはもとより、オーディションでこの役を掴んだという確かな演技力で、一躍注目の新星の座に躍り出た。

【タイカ・ワイティティ監督 コメント】
『ジョジョ・ラビット』は寛容と理解を失った時代を舞台にした、寛容と理解の物語です。そして私はこの映画を製作するにあたって、私達が最も混乱した状況にあっても、どんな年齢、宗教、人種、性別であれ、まだお互いが繋がりあうことができることを思い出せるよう願います。この映画を作ることは素晴らしい体験でしたし、世界がトロント映画祭を皮切りにこの映画を見る機会を持ってくれたことを幸せに思います。

【ナンシー・アトリー&スティーブ・ギルラ FOXサーチライト共同会長】
私たちはトロント映画祭で『ジョジョ・ラビット』への観客の反応を目の当たりにしました。私たちはこの上なく、この映画、タイカ、すべての製作スタッフ、そして愛が悪を超えるのだというメッセージを誇りに思います。私たちは『ジョジョ・ラビット』を世界中に紹介することが待ちきれません!

【STORY】
第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だちであるアドルフ・ヒトラー(タイカ・ワイティティ)の助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで、立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。そんなある日、母親(スカーレット・ヨハンソン)とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女(トーマシン・マッケンジー)がこっそりと匿われていることに気づく。ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?

作品情報

『ジョジョ・ラビット』
2020年1月より全国公開

監督・脚本:タイカ・ワイティティ(『マイティ・ソー バトルロイヤル』)
キャスト:ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマサイン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン ほか
全米公開:10月18日 (予定)
原題:JOJO RABBIT
配給:20世紀フォックス映画
©2019 Twentieth Century Fox

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/

オフィシャルTwitter
@foxsearchlightj 

オフィシャルFacebook
 

オフィシャルInstagram
@foxsearchlight_jp