セガ、PS4『龍が如く7』のテーマ曲は中田ヤスタカ×湘南乃風!

セガ、PS4『龍が如く7』のテーマ曲は中田ヤスタカ×湘南乃風!

セガゲームスは2019年9月18日、PlayStation 4向けソフト『龍が如く7 光と闇の行方』のテーマ曲が、中田ヤスタカと湘南乃風のタッグであることが発表された。

※リリース情報を基に記事を掲載しています。

PS4『龍が如く7 光と闇の行方』
中田ヤスタカと湘南乃風の初タッグによる書き下ろしテーマ曲の提供が決定!

株式会社セガゲームスは、2020年1月16日(木)発売予定の『龍が如く』シリーズ最新作となる、PlayStation 4専用ソフト『龍が如く7光と闇の行方』(以下『龍が如く7』)にて、中田ヤスタカさんと湘南乃風さんがタッグを組みテーマソングを手掛けることを発表いたしました。初タッグとなる楽曲が『龍が如く7』とのコラボレーションによってどのような化学反応をおこすか、詳細な内容については続報をお待ちください。

【中田ヤスタカ】
日本のエレクトロシーンの立役者であり、独特の歪を持った攻撃的なサウンドを繰り出す一方、今や世界中に多くの派生を生んだ Kawaiiエレクトロニックミュージックの創始者でもある。プロデューサーとしては“きゃりーぱみゅぱみゅ ”や “Perfume”などのアーティストを世に送り出した。

2001年にスタートさせたユニット“CAPSULE”をきっかけに、自身のソロ名義や、アーティストプロデュースによって確立した “中田ヤスタカサウンド ”は、国内のみならず世界中のアーティストに影響を与え、多数の中田ヤスタカチルドレンを生みだした。現在、逆輸入的にそのサウンドを耳にすることも多い。

Madeon、Porter Robinson、Sophie(PC Music)など海外の第一線で活躍中の彼らも「強くインスパイアされたアーティスト」として中田ヤスタカの名を挙げている。

ソロ名義によってリリースされた日本人初となる Ultra Music Festival世界公式アンセム、201 6年リオ閉会式への楽曲提供、世界的なシンガー Charli XCXをfeat.した「Crazy Crazy」、映画「何者」の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」やゲーム “ドラガリアロスト ”挿入歌となったDAOKO×中田ヤスタカ名義による楽曲「ぼくらのネットワーク」などを発表している。また、 Zedd,スティーブアオキなど数々のアーティストのリミックスを手がける他、ハリウッド映画「スター・トレックイントゥ・ダークネス」では監督である J・J・エイブラムスと共同プロデュースによる劇中曲も手がけた。

2018年、中田ヤスタカの十八番とも言えるボーカルカットアップが特徴のカラフルな楽曲「 Wh ite Cube」などが収録された自身のアルバム「 Digital Native」をリリース。 iTunes総合チャート、エレクトロニックチャート、共に 1位を記録した。

クラブシーンを核に時代をナナメに切り取る独自のスタイルによって、映画、ゲーム、ポップシーンまで、その活動は多岐に渡る。

【湘南乃風】
──RED RICE、若旦那、 SHOCK EYE、HAN-KUNからなる人間の持つ喜怒哀楽を魂で歌う 4人組クルー

2000~2003年、自らのレーベル 134RECORDINGSを立ち上げ、合計4本に及んだオリジナルミックス・テープを携えて全国ワン・ボックス・ツアーを敢行。
当時のテープの1本に『湘南の風』という表題があり、後の湘南乃風というクルー名の起源となった。 2003年、アルバム『湘南乃風~Real Riders~』でデビュー、「純恋歌」、「睡蓮花」などの代表曲をはじめ、現在までに19枚のシングルと7作のアルバム、ベスト盤2タイトルをリリース。『風伝説』と呼ばれる4人のストーリーを紡ぎ続けている。

【湘南乃風リーダー RED RICEコメント】
『龍が如く』シリーズでは名越総合監督と『クロヒョウ2龍が如く阿修羅編』、『龍が如く0誓いの場所』でもご一緒させて頂いており、いつも作品の世界観、コンセプトを早い段階から共有しながら楽曲が制作できるのでとても楽しく、そして気持ちが入ります。

今回、新主人公シリーズに突入ということで新しさと『龍が如く』が本来持つ男らしさ、熱さが同居するような楽曲を作りたいということで、僕らも初めてのチャレンジとして中田ヤスタカ氏に楽曲のプロデュースを依頼しました。各メンバー個人的には親交のあった中田くんですが、男性ボーカルものは米津さんとの楽曲ぶりということでお互い気合を入れて作っていければと思っています。今までも『龍が如く』シリーズとの楽曲は湘南乃風のライブでも大事な楽曲になってきたので今回の楽曲も僕らのライブを彩る重要な楽曲にするべく頑張って行きたいです。

『龍が如く7』とは

『龍が如く』シリーズ最新作となるドラマティック RPGです。新主人公の春日一番が、新たな舞台「横浜・伊勢佐木異人町」で仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くまでを描いた熱い人間ドラマを体験できます。かつてない規模の舞台、『龍が如く』シリーズで培った喧嘩アクションと RPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」など、シリーズ 15周年にふさわしいボリュームと革新的な進化を遂げた本作に、ぜひご期待ください。

『龍が如く7』あらすじ

2001年1月1日。東城会の三次団体「荒川組」に所属する若衆、春日一番は、組長・荒川真澄から若頭・沢城丈の犯した罪を被るよう頼み込まれ、出頭を決意。
愛する組のため、尊敬する親父のため ……春日は18年にも及ぶ厳しい刑務所生活を送り、 2019年、ついに出所する。

だが、出所をした春日を出迎えてくれる者は、誰一人いなかった。
一人寂しく、故郷である神室町へと戻る春日。だがそこは、春日の知っているかつての神室町ではなかった。

「神室町3K作戦」という警察の施策により、東城会は崩壊。現在の神室町は、警察と関西の極道組織・近江連合に完全支配されていた。そして、そんな状況を作り出した張本人が、荒川真澄なのだという。

「親っさんがそんなことするわけねぇ!」

真意を直接確かめるべく、春日は荒川真澄の元へと向かう。
近江連合組員や、かつての兄貴分・沢城の妨害を撥ね退け、なんとか荒川真澄の元へとたどり着く春日。

「親っさん!」

実の親のように慕う、憧れの極道である「親父」との、 18年ぶりの再会――だがそこで待っていたのは、再会を喜ぶ笑顔ではなく、冷酷な銃口だった。

「すまねぇなぁイチ……死んでくれ」

鳴り響く銃声。薄れゆく視界 ――

「うぅ‥‥!」生死の淵をさまよいながらも、なんとか意識を取り戻した春日。だが目覚めた場所は、段ボールハウスが並ぶホームレス街の、汚いゴミ捨て場だった「……ここはどこだ?」春日の問いに一人のホームレスが答える。「イジンチョウ。……伊勢佐木異人町。ここは横浜だ。知ってるだろ?横浜」

『龍が如く7光と闇の行方』ティザートレイラー

 


【商品概要】

商品名:龍が如く7光と闇の行方
対応機種:PlayStation 4
ジャンル:ドラマティックRPG
発売日:2020年1月16日(木)発売予定
価格:パッケージ版・ダウンロード版8,390円(税別)
プレイ人数: 1人
発売・販売:株式会社セガゲームス
CERO表記:D区分(17歳以上対象)

オフィシャルサイト
http://ryu-ga-gotoku.com/seven/

オフィシャルTwitter
https://twitter.com/ryugagotoku/

©SEGA