劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に声優・花澤香菜が出演決定! 本編映像も解禁

劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に声優・花澤香菜が出演決定! 本編映像も解禁

12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペースほか 全国公開される、劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に声優・花澤香菜の出演が決定。本編映像も解禁となった。

第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも、日々を大切に前を向いていく女性・すずを描いた珠玉のアニメーション作品『この世界の片隅に』に、約30分の新規シーンが付け足され、“さらにいくつもの人生”が描かれた本作。主人公すずと、すずが嫁ぎ先の町で初めて出会う同世代の女性・リンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードや、妹・すみを案じて過ごす中で迎える昭和20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加される。

花澤が本作で声を担当するのは、すずが遊郭で出会う女性で九州出身のテル。今回解禁となった映像では、手に息を吹きかけて寒さをこらえながら南の島の絵を描いてあげるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ……」と九州の方言で嬉しそうに話しかける、テルの切なくも愛らしい声を聞くことができる。

【花澤香菜コメント】
観て…というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした。原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように!

【STORY】
広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20(1945)年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。
その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる——。

作品情報

劇場アニメ『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
12月20日(金)テアトル新宿・ユーロスペースほか 全国公開

原作:こうの史代
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
美術監督:林 孝輔
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO 
アニメーション制作:MAPPA 
配給:東京テアトル 
製作:2018「この世界の片隅に」製作委員会 

【CAST】
のん
細谷佳正 
稲葉菜月 
尾身美詞 
小野大輔 
潘めぐみ 
岩井七世
牛山 茂
新谷真弓
澁谷天外(特別出演)

©️2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』オフィシャルサイト
ikutsumono-katasumini.jp

原作コミック