大谷翔平はメジャーではいじられキャラ!? 全面大谷フェイスのTシャツがクレイジーすぎると話題

大谷翔平はメジャーではいじられキャラ!?  全面大谷フェイスのTシャツがクレイジーすぎると話題

先日、左膝の不調に伴う手術の影響で今シーズンの出場を終了すると発表したロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平。昨年10月に受けたトミージョン手術から今季は二刀流を封印。5月から打者に専念し18本塁打を放つなど、チームの主軸として活躍していただけに、この発表に驚かされたファンも多かったのではないだろうか。そんな中「チームの心は大谷といつも共にある!」と言わんばかりのイベントが、今月末に開催されるようだ

そのイベントが、「Ohtani shirt day」。なんと、球場来場者先着3万人に大谷の顔がプリントしてあるシャツが無料で配られるのだそう。これはMLBでよくある、ファンイベントの一種で、各球団のシャツ、タオル、キャップといったグッズから、人気選手のバブルヘッド人形がその試合限定で無料サービスとされるもの。このイベントでグッズになる選手は軒並みチームの看板選手のため、大谷が今やエンゼルスに欠かせない存在となったことがうかがえる。

それにしても、こんなド派手なグッズはあまり見たことがない。エンゼルスの公式SNSでは、大谷の専属通訳である水原氏がこのシャツを着用している写真が公開されるなど、話題を呼んでいる。一種のジョークグッズのようにも見えるのだが、もしかしたら大谷はチーム内で可愛がられる「いじられキャラ」なのかもしれない。

シャツに加え、先日エンゼルスのピッチャーロブレスが「大飛球17 大谷」と書かれたハチマキを試合前に着用して話題になっていた。こういった面からも、大谷が愛されるべいじられキャラとしてチームに溶け込んでいることがうかがえる。

そのロブレスも、「大谷シャツ」を着てSNSに登場。なんだか、チームをあげて大谷の早期復帰を願っているようにも見える、実に微笑ましい光景だ。

View this post on Instagram

Haters will say it's Shotoshop 😏

A post shared by Los Angeles Angels (@angels) on

手術を受けたものの、来シーズンはキャンプインから「二刀流」としての復帰も示唆されている大谷。完全復活を果たし、ロサンゼルスのファンを今年以上に驚かせてほしいものだ。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO