堤 真一と岡村隆史が言い争い!? 映画『決算!忠臣蔵』場面写真が一挙解禁

堤 真一と岡村隆史が言い争い!? 映画『決算!忠臣蔵』場面写真が一挙解禁

11月22日(金)に全国公開される、堤 真一と岡村隆史のダブル主演映画『決算!忠臣蔵』の場面写真が解禁された。

日本の冬の代名詞として、これまで300を超える映像作品が制作されてきた「忠臣蔵」。本作は、そんな「忠臣蔵」史上初、討ち入りするのに「実は、超、お金がかかる!」ことを描いた作品だ。出演者には濱田 岳・横山 裕・荒川良々・妻夫木聡・竹内結子・石原さとみ・西村まさ彦・橋本良亮(A.B.C-Z)・寺脇康文ら日本を代表する豪華俳優陣に加え、お笑い界からは西川きよし・桂 文珍・木村祐一・村上ショージ・板尾創路というレジェンド級のキャストが集結している。

今回解禁されたのは、物語のカギを握る赤穂の重要キャラクターたちの場面写真。堤が演じる討ち入り計画の中心人物・筆頭家老の大石内蔵助が火消装束に身を包み陣頭指揮を執る姿や、岡村が演じる帳簿のエキスパート・勘定方の矢頭長助がそろばんを弾く一心不乱な表情、そして支え合う関係のはずの2人が討ち入り予算を巡ってかはたまた全く別の用立てなのか、柱を挟んで言い争っている瞬間も!

また、濱田が演じる毒見役の武士・大高源五(おおたか・げんご)が茶人のような出で立ちで内蔵助と並び立ち頬を緩めている様子からは、いまから討ち入りを果たさんとする武士とは思えない柔らかな空気を漂わせたかと思えば、妻夫木演じる参謀の軍司・菅谷半之丞(すがや・はんのじょう)は内蔵助が顔を曇らせるのと対照的に何やら大きな策を目論んでいること間違いナシの不敵な笑みを浮かべ、さらに石原が演じる浅野内匠頭の妻・瑤泉院(ようぜんいん)はなかなか夫の仇討ちが実行されない状況に焦れているのか凄むほど鋭い視線を向けており、それぞれの様々な思惑が交差し【予算内の討ち入り】に彼らが一致団結できるのかますます予測不能…。

討ち入りに使える予算は9500万円! 果たして彼らは、【予算内】で、一大プロジェクト【仇討ち】を、無事に【決算】することができるのか!? 続報にも注目だ。

【STORY】
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度の据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷う。要は江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。筆頭家老・大石内蔵助(堤)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(岡村)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。
だが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望! いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。 ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!
討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい! どうする大石内蔵助!?
予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!? こんな忠臣蔵見たことない! 涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

作品情報

『決算!忠臣蔵』
11月22日(金) 全国公開
原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)             
出演:堤 真一 岡村隆史 濱田 岳、横山 裕、妻夫木 聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ 木村祐一、板尾創路、村上ショージ
ほか
監督・脚本:中村義洋
製作:「決算!忠臣蔵」製作委員会
製作幹事:松竹株式会社、吉本興業株式会社
配給:松竹株式会社
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会 

本作のムビチケが9月27日(金)より全国の劇場にて発売決定!
詳細はオフィシャルサイトで随時更新中!

オフィシャルサイト
http://chushingura-movie.jp/

オフィシャルTwitter
@chushingura_mv

オフィシャルFacebook
@chushingura.movie


「忠臣蔵」の決算書
著:山本博文 出版社:新潮社