夏菜「4DXだと寿命縮まるんじゃないですかね(笑)」。映画『アナベル 死霊博物館』絶叫イベントに登場

夏菜「4DXだと寿命縮まるんじゃないですかね(笑)」。映画『アナベル 死霊博物館』絶叫イベントに登場

本日9月20日(金)に全国公開となった、映画『アナベル 死霊博物館』の上映前イベントが、公開前日となる9月19日にグランドシネマサンシャイン池袋にて開催。アナベルに扮した特別映像で話題となった夏菜が、アナベル人形と揃って登壇した。

夏菜の登壇前には噂の特別映像が上映。満席(160席)の会場がざわつく中、夏菜が登場すると「アナベルに似てるという理由で起用していただきました夏菜です(笑)」と挨拶。続いて、MCとのトークパートでは、オファーを受けた時の心境を「最初は断ろうと思いました(笑)。似ているってやっぱ、、、嬉しくはないですよね(笑)。でもこれも一つの芸の肥やしかなと思いまして受けさせていただきました!」と語った。実際にアナベルとなった反響については「本当に似てるねって周りのいろんな人から言われました。全然うれしくはないんですけどね(笑)!」と明かした。

今回、4DX with ScreenXでのホラー作品の上映は本作が日本初の試みとなるが、本作を鑑賞した感想を夏菜は「4DX with ScreenXだと寿命縮まるんじゃないですかね(笑)。みなさん生きて帰って来てくださいね(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。ここで、MCが次の質問に移ろうとした時、突然マイクの音が途切れるハプニングが……。まさに、呪われた人形アナベルの影響なのかと会場がどよめいた。

次に本作に登場する、いわく付きの呪われた品々に似せた、ピエロのオルゴール、サルの人形、コインの3品を使ってのトークパートに移行。ステージ上の台に3つBOXが置かれ、中には品々がランダムで入っており、背面に質問が書かれている。最初のBOXではピエロのオルゴールが現れ、「ホラー映画を一緒に観たい特定の人は?」という質問が。これに夏菜は「彼氏がいれば一緒に観たいですね~。いればの話ですけど。彼氏以外だと怖がりの人と観たいですね」と返答。すると、直後隣にいたアナベル人形が夏菜の答えに反応したかのように突然動き出した。これに対して「みなさん今見ました!? アナベルちゃん動きましたよね!?」と、会場の観客に問いかける一幕も。

また、コインの「ダメと分かっているのにやってしまうことは?」という質問には、「夜中のビールと夜中のラーメンですね。浮腫むのも太るのも分かってるんですけど、これはやってしまいますね~」と正直に懺悔。そして、サルの人形の「芸能人でアナベル人形を送り付けたい人は?」という質問に対しては、「芸能人というかマネージャーさんに送り付けたいですね。休みくれないし、喧嘩とかも激しめにしてきたので、アナベル人形を送り付けたら静かになってくれるんじゃないかなと思いました(笑)!」と率直な意見を述べた。

夏菜への質問コーナーが終わりイベントの感想を聞いていると、突然MCの後ろから本作に登場する花嫁の悪霊に酷似した人がステージに上り、夏菜に向かって走ってくるというドッキリが。夏菜の前でしばらく停止しその後場外へ走り去ると、夏菜は「え! 行っちゃうの!?」と渾身のツッコミをし、会場は笑いに包まれた。

【夏菜 コメント】
イベントの感想
心臓が疲れました。。。みなさんはここからが本番なので、まだまだ残暑も続きますし、ひんやりとして帰っていただけたらと思います!

フォトセッション後締めの挨拶
今このイベントで起こったようなことが、この作品の中ではたくさん起こります。スリル満点ですし見どころもたくさんあるので、ぜひびっくりしてアナベルの怖さを語っていただけたらと思います!

【STORY】
超常現象研究家ウォーレン夫妻の家に、強烈な呪いを持つ一体の人形が運び込まれた。その人形の名は、アナベル。アナベルは地下の“博物館”で、他の呪われし品々とともに厳重に封印された。夫妻が仕事で家を空ける、ある日。娘のジュディは年上の少女のメアリー、ダニエラの3人で一夜を過ごすことに。しかし、ダニエラが“警告 決して触るな“と書かれた博物館に勝手に入り込み、アナベルの封印を解いてしまう。それは、少女たちの想像を絶する悪夢のはじまりとなった……。史上最強の呪いの力を持つアナベルが、数々の悪霊たちを呼び覚まし、呪われし品々を従え、少女たちに襲いかかる!

作品情報

『アナベル 死霊博物館』
9月20日(金)全国ロードショー

監督・脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』) 
製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ワイルド・スピード SKY MISSION』『アクアマン』)
出演:マッケナ・グレイス、マディソン・アイズマン、ケイティ・サリフ、パトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
原題:Annabelle Comes Home
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/annabelle-museumjp/index.html