「罵倒するのを楽しんだ」玉城ティナのせいで伊藤健太郎の“変態性”が開花!? 映画『惡の華』特番レポート

「罵倒するのを楽しんだ」玉城ティナのせいで伊藤健太郎の“変態性”が開花!? 映画『惡の華』特番レポート

「Abema Towers」に新設された公開スタジオ「UDAGAWA BASE」において、特別番組『伊藤健太郎&玉城ティナ生出演! 映画『惡の華』公開記念 SP!』が9月14日夜8時より公開生放送された。



同番組は、映画『惡の華』の9月27日(金)全国公開を記念して放送された番組。主人公・春日高男を演じた伊藤健太郎、そして春日を翻弄し秘密の契約を持ちかけるヒロイン・仲村佐和役を演じた玉城ティナがゲストに、そして“『惡の華』応援大使”として、お笑いコンビのクマムシが登場した。本作で3度目の共演となる、伊藤と玉城ということで、オープニングから和気あいあいとした雰囲気で放送が開始。2人に負けじと、「あくのはなんだから〜」と自信の鉄板ネタを『惡の華』に変えて、クマムシの長谷川も最初から楽しんでいる様子。続いて、本作でも話題のセリフ“このクソムシが!”が、コンビ名と似ていることに気づき、「クソムシとクマムシが一緒なんで今日からクソムシです!」と佐藤も笑いを取っていました。

続いて、撮影の裏話トークに。本作の注目ポイントとして伊藤は“ビンタ”を紹介。「3回目の共演ということで、なんの手加減もなかったんですよね」と、玉城の本気のビンタを何度も受けたことを告白し、「でも思いっきりきてくれたことで、変態性が増していったのでよかったです」と、よりキャラクターに近づいていった様子を明かした。続いて、玉城は“顔”をチョイス。自身が演じる仲村佐和の笑顔から蔑んだ眼のギャップや、伊藤が演じた主人公・春日高男の恍惚とした表情が見どころと語った。難しいキャラクターを演じた玉城は、「罵倒するのも楽しんでできました。伊藤ちゃんがうけとめてくれて、悩んだことなかった」と2人の息の合った掛け合いの様子を話した。

番組後半では、作品内でも印象的な、春日がブルマの匂いを嗅ぐシーンにちなんで、何の香りかをあてる“こちらの匂いはなんだろな?”のコーナーに。2人とも、好きなにおいや、嫌いなにおいなど、比較的はっきりしていて匂いには敏感と自信をのぞかせた。しかし、ローズの香りを、伊藤は「おばあちゃんの化粧ダンスのなかのスプレーの匂い」、玉城は「制汗剤などの石鹸のにおい」と外し、1問目から不穏な空気が流れる。さらに、匂いをリセットするためのコーヒーの香りの代わりに、長谷川の体の匂いを嗅ぐなど、伊藤の“変態性”が増していく。2問目、3問目も苦戦が続く中、「お鼻がバカかもしれない」と自信を失っていく玉城。そして、5問目に玉城が大好きというパイナップルを、続いて6問目は、伊藤が気になる女子に作ってほしいものNo.1という生姜焼きを無事当て、同率一位の結果に。“匂いがおいしい”ケーキを玉城が、伊藤が大好物の生姜焼きをほおばり、2人共幸せそうな様子だった。

最後に、伊藤が「すばらしい青春映画ができたと思う。観てもらったらすべてわかると思うので、ぜひ劇場で観てください!」、玉城が「だれにでもわかる、共感できる要素がたくさんつまってます。居場所がない方、ぜひ劇場に来てください」と笑顔でPRすると、「楽しみでしょうがない! 宣伝大使のクマムシは“クソ虫”に改名します」とクマムシが笑いを誘い、大盛り上がりのうちに放送は終了した。そのほか、監督のこだわりの、玉城が印象に残ってるセリフや、2人の撮影苦労秘話、そして伊藤さんの学生時代好きだった先輩の香りについてなど、盛りだくさんの内容の本番組は、「Abemaビデオ」で配信中だ。

【STORY】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった…。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう…

作品情報

『惡の華』
9月27日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

監督:井口 昇
脚本:岡田麿里
原作:押見修造「惡の華」(講談社刊)
出演:伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 飯豊まりえ 北川美穂 佐久本 宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾
製作:ハピネット、NTTぷらら、ファントム・フィルム、角川大映スタジオ
製作幹事:ハピネット
共同幹事:NTTぷらら
製作プロダクション:角川大映スタジオ
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会

オフィシャルサイトakunohana-movie.jp

原作コミック『惡の華』