DEAN FUJIOKA、自身の主演映画『エンジェルサイン』の主題歌を担当。楽曲を使用した予告編も解禁

DEAN FUJIOKA、自身の主演映画『エンジェルサイン』の主題歌を担当。楽曲を使用した予告編も解禁

『シティーハンター』の原作者・北条 司が初の総監督を務める、実写映画『エンジェルサイン』の主題歌がDEAN FUJIOKAによる楽曲「Chasing A Butterfly feat. Nao Matsushita」に決定。併せて、主題歌が使⽤された予告編映像も解禁された。

本作は、北条自らがメガホンを取り、松下奈緒、ディーン・フジオカが出演する「プロローグ」「エピローグ」に加え、「サイレントマンガオーディション」受賞作品の「別れと始まり」「空へ」「30分30秒」「父の贈り物」「故郷へ」の5つの物語からなる長編オムニバス映画。5つの物語は、アジア各国の才能溢れる監督たちがメガホンを取り、奇跡の訪れを告げるブルーバタフライと音楽が鍵を握る6つの物語を通して、総監督を務める北条がひとつの“愛のものがたり”を描き出す。

本作『エンジェルサイン』の主演で「プロローグ」、「エピローグ」に出演するディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)が本作のために作詞作曲を手掛けたこの楽曲は、劇中でディーン演じるタカヤが遺した楽曲“エンジェルサイン”の次に、「もしもタカヤがもう一曲だけ作っていたとしたらどんな楽曲を紡ぎ出したのだろうか?」という想像から制作がスタート。DEAN FUJIOKAは制作にあたり、「例え命が尽きても、相手を想う気持ちは変わらず、未来に向かって歩んで欲しい。そう切に願う登場人物たちの気持ちに寄り添いながら、この映像作品を象徴するような主題歌を生み出すべく制作に当たりました」とコメントしている。

また今回の楽曲には、本作で共演する松下奈緒がピアノの演奏と歌で参加。松下は楽曲にピアノの演奏で参加するにあたり、「アイカのタカヤを想う気持ちをピアノにのせました」と語っており、まさに「プロローグ」、「エピローグ」で共演する2人だからこそ誕生した特別な楽曲になっている。

映画『エンジェルサイン』は11月15日(金)全国公開。

【DEAN FUJIOKA コメント】
この映画のメインテーマ曲“Angel Sign”の次に、もしもタカヤがもう一曲だけ作っていたとしたらどんな楽曲を紡ぎ出したのだろうか? すべてはその想像から始まりました。例え命が尽きても、相手を想う気持ちは変わらず、未来に向かって歩んで欲しい。そう切に願う登場人物たちの気持ちに寄り添いながら、この映像作品を象徴するような主題歌を生み出すべく制作に当たりました。映画本編でもご一緒させて頂いた松下奈緒さんをフィーチャーしたこの“Chasing A Butterfly”。6つの愛の物語を結ぶ“ブルーバタフライ”の⾏先を⽰すような存在になってくれればと願っています。

【松下奈緒 コメント】
今回は、ディーンさんが作詞作曲され、2人で歌える事が嬉しかったです。初めて楽曲を聞いた時からメロディーがずっと頭から離れず、気づいたら⼝ずさんでいました。とてもステキな曲で、さすがディーンさんだなと思いました。演奏するにあたり、アイカのタカヤを想う気持ちをピアノにのせました。なかなか難しかったですが、ディーンさんが先にレコーディングして下さっていたので、その歌に寄り添って⾏けたらいいなと思いながら、レコーディングしました。

【STORY】
・「プロローグ」
チェリストのアイカとピアニストのタカヤ。音楽家で恋人同士の二人は、「いつか二人の音楽で、世界中の人々を感動させたい・・・」と、夢を追いかけていた。アルバイトをしながら曲作りに没頭するタカヤと、彼を見守るアイカ。しかし、「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、タカヤは帰らぬ人となってしまう。アイカが、チェロのみで演奏する「エンジェルサイン」。やがて、その曲は世界に広まっていき・・・

・「別れと始まり」
幼き頃からずっと一緒だった夫婦に訪れた突然の別れ。愛する妻を失い生きる希望を失った鉄道の運転士である夫を元気づけようと長年連れ添ってきた飼い犬が奮闘するのだが…。

・「空へ」
病気で飼い犬を失ったことを理解できない幼い少女。愛犬を探し続ける少女に父親は雲の上で楽しく過ごしていると伝える。飼い犬への思いを絵手紙に描いて凧に結んで空に飛ばした。いつまでたっても返信がなく悲しみに暮れる少女の前に蝶が羽ばたく…。

・「30分30秒」
出産を目前に命を落としかけた妊婦の前に死神が現れる。死神が命を奪う直前にタカヤの曲が流れ、奇跡の蝶が出現する。与えられた時間はわずか30分と30秒。彼女は無事に赤ちゃんを産むことが出来るのか…。

・「父の贈り物」
幼くして母を亡くし、二人で暮らす父と娘。母のいない少女に父親が贈ったギフトは母親代わりとも言えるロボットだった。少女はやがて父をも亡くし、生きる希望を失っていた。そんな彼女に蝶が舞い降りた。「彼女に笑顔を取り戻させたい」人間の感情を宿したロボットが選んだ行動とは?

・「故郷へ」
必ず戻って来ると約束して娘を残し戦地に赴いた父。戦争が終わり、娘の元へと帰って来た父親であったが、戻ってきたのは彼の魂だけだった。娘と二度と会えぬ現実に気が付く父親の前に蝶が羽ばたいた時、会えるはずのない親子に奇蹟が訪れる。

作品情報

『エンジェルサイン』
11月15日(金)よりユナイテッドシネマ豊洲ほかにて公開

企画:堀江信彦
総監督:北条 司
監督:北条 司、落合 賢、ノンスィー・ニミブット、ハム・トラン、旭 正嗣、カミラ・アンディニ
出演:松下奈緒、ディーン・フジオカ/緒形直人、菊池桃子/プレオパン・パンイム、ピポッブ・カモンケットソーポン、ブンイン・インルアン/ゴー・クアン・トゥアン、スアン・ヴァン/佐藤二朗、坂井彩香、ニーンナラ・ブンビティパイシット、メカトロウィーゴ/トゥク・リフヌ・ウィカナ、アビゲイル、吉田美佳子
製作:「エンジェルサイン」製作委員会
配給:ノース・スターズ・ピクチャーズ

©「エンジェルサイン」製作委員会

『エンジェルサイン』オフィシャルサイト
https://angelsign.jp
『エンジェルサイン』オフィシャルTwitter
@AngelSignMovie